TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

日田・三隈川アユ解禁!

2013年 5月 20日 13時頃

5月20日、ついに日田・三隈川水系にてアユの解禁を迎えました。今年は解禁前の雨に恵まれず、川は渇水状態と濁りにより状況が良いとは言えないようですが、それでも平日の解禁にも関わらず、川辺には前夜から解禁を待ちわびたアユ師の姿がありました!

私も仕事が終わるとすぐに車に乗り込み、前夜祭に参加するため日田へと向かいました。夜8時過ぎ、現地に到着するとすでに大野川でお馴染みの先輩鮎師の皆さんが、バーベキューを囲み盛り上がっていました。シーズンオフの間、夢にまで見たアユの解禁日を目前に皆さんとするアユ談義ですでにテンションMAXです! しかし本番は明日。ワクワクして寝付けるか不安でしたが、翌日に備えて早めの就寝です。翌朝、5 時半に川に立つ鮎師の姿に、私も慌てて着替えを済ませ、引き舟に囮アユを入れてスタンバイOK! 皆さんと和気あいあいとした雰囲気の中、ついにアユシーズンの開幕です! 嬉しさと、一流し目の緊張から手が震えます。朝一で水温も低いということもあり、へチから丁寧に泳がせてみると、アユがたくさんいる気配がラインを通じて伝わってきます! しかしアユは水温の上昇とともに活性が上がってくるので、日が高くなるまでじっと辛抱の釣りとなりそう。

今回私は、6月に開催されるダイワ・アユマスターズの地区予選の下見も兼ねての釣行なので、解禁日ですが、とにかく集中! 時間も気にしながら緊張感を持っての釣りを試みました。大会エリア内、広範囲に竿を出してポイントをチェックしていると、あっという間にお昼を迎えました。午後からは上流エリアを同じく動き回りましたが、例年に比べるとサイズにバラつきがあり、追いにも元気がなく大苦戦を強いられる結果となりました。しかし、瀬を重点的に釣っていた吉良さんは良型揃い! 瀬にはやっぱりコンディションの良いアユが縄張りを持っているんだと再認識できました。渇水と濁りの中、釣り方のイメージに囚われ過ぎるなかれと反省。とても勉強になりました。夕方6時、1日中歩き回って集中していたせいか、体はボロボロに疲れを感じていましたが、釣果は29尾で、厳しい状況の中、私にとっては大満足の結果となりました! まずは、アユマスターズ必勝に向けて(笑)しばらくは日田通いが続きそうです。

改めまして、アユシーズン開幕おめでとうございます!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード