TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

クラゲの季節…

2013年 8月 20日 16時頃

夏になると釣り場でよく見かけるようになるクラゲ。経験上、このクラゲが出現し始めた途端に釣れなくなることもシバシバ…。あまり歓迎できない珍客ですね。

ところで、お盆前からぼつぼつと目撃情報を耳にしていたのですが、本日アップされた黒太郎海さんのブログ「楽しみたい~魚釣り!」によると、いよいよ中津港にもクラゲが出現した模様です。

これから書く内容は、経験則を元にした話で、確固たるデータを元にした話ではないですが、編集部が考えるには、瀬戸内の潮が入った時にクラゲが多くなるような感じ。大雑把なには引き潮時によく見かけるようになるような。。

そして、このクラゲが多い潮は得てして水温が低いため、クラゲを嫌ってというよりは水温低下を嫌って、魚の活性が低くなる、つまり釣れなくなるような状態だと想像しています。

あとはクラゲの量にもよりますが、あまりにも量が多い時(仕掛けが入らない、辺り一面にクラゲが見える)は、一旦竿を休めて、しばらくしてから狙うのも手段の一つです。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード