TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

速く沈めて良型ゲット

2013年 8月 28日 15時頃

8月28日、小潮。大分市の衛藤さんは「大勝丸」で、坂ノ市縦一文字に上礁した。衛藤さんのターゲットは、元気な夏チヌ!台風前のひととき、気になる釣果はいかに?

午前6時過ぎ、竿出し。衛藤さんは沖向きに釣り座を構えて、広範囲にマキエ(マルキユー集魚剤「ベイチヌ」+「瀬戸内チヌ」+「白チヌ」+生3角)を打ち込む。海面には夏の風物詩、ダツが回遊。気になるゼンゴの回遊はないようで、快適にチヌ狙いを楽しめそうであった。仕掛けを投入、右流れの潮に仕掛けを乗せているとすぐに、道糸が弾け出てアワセ、ハリ掛かりしたのは20cm大のかわいいシバチンであった。その後も表層近くでシバチンが連発、これを避けて深く仕掛けを入れるため、衛藤さんはチヌバリ5号を選択する。これに、ハリスにもガン玉を打ち、ツケエにマルキユー「くわせオキアミスペシャルチヌ」を丸ごと使用することで、仕掛けの沈下速度を加速させ、表層で泳ぎ回るシバチンを避けることにした。この作戦が功を奏し、竿1本半前後の深場で、40cm超のチヌを連発させることができた。

衛藤さんの釣り方はウキ沈め釣りであったが、この時に威力を発揮したのが愛用竿のダイワ「トーナメント磯F」に搭載された金属とカーボンで構成されたハイブリッド穂先、スーパー・メタル・トップ。「穂先に現れないアタリも元にダイレクトに伝わるので、チヌがツケエを噛む感触が手元にカツンと伝わります。これまでよりもいち早くアタリを察知できるから、その後の対応も瞬時にできるのが最大の強みですね」(衛藤さん)。沈め釣り専門の釣り人ならばぜひ一度、スーパーメタルトップを試してみてはいかがでしょうか?

衛藤さんは午後3時までに20枚以上のチヌ、メイタを釣って納竿した。坂ノ市一文字のチヌ狙いは、比較的釣果が安定している。9月を迎えて日中は一段と涼しくなったので、釣り座が広くて開放的な坂ノ市一文字へ釣行されてはいかがでしょうか? 今後は秋の青物狙いも楽しめそうなので、メタルジグの準備も忘れずに!

写真提供:大勝丸TEL 090・3075・7328

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード