TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

マルアジ狙いはフカセ?カゴ?

2013年 10月 22日 15時頃

10月22日、中潮。度重なる台風の発生で釣り場の限られる中、平日でも割りと盛況なのが大分市の日吉原公共ふ頭だ。10月に入ってからはチヌに交じってマルアジが好釣で、足繁く通う釣り人も少なくない。さて、そのマルアジ狙いについて、フカセ釣りとカゴ釣りでその釣り方を解説したい。

フカセ釣り・・・基本は遠投の深場狙い。半遊動で狙う際には竿1本半〜2本で狙いたい。しかしながら手前はエサ盗り(フグが多数、他にコッパグロ)が多く、20m以上の超遠投が必要。超遠投釣りには半遊動仕掛けは絡みやすく、飛距離も稼げない。そこで、全遊動仕掛けで狙うことをオススメする。全遊動仕掛けでアジを釣るコツは、ツケエの沈下速度にある。狙いのポイントで、仕掛け投入後3分程度で竿2本のタナにツケエが届くイメージ。アジをメインに狙うのであれば、近年のチヌ釣りのようにズドンと高速でツケエを沈下させないようにしよう。マキエのパターンは先打ち→仕掛け投入→後打ちが基本。

カゴ釣り・・・近年は愛好家が減少しているカゴ釣りだが、深場から浮かない魚には依然として抜群の威力を発揮している。この日の日吉原公共ふ頭でのマルアジの竿頭はカゴ釣りで、25〜30㎝級を10本強。フカセ釣りに比べて一回り型がよく、数も出ていた。仕掛けは20m程度沖を安定して飛ばせて、時には30m級の超遠投もこなせるタックルを準備したい(仕掛け図参照)。タナは竿2本、下げ潮の時は根掛かりに気をつけたい。なお、アタリがあったらアワセを入れずに、竿先を下げたままアジを寄せたい。カゴ釣りの竿はフカセに比べると固いので口切れしやすく、ソフトに扱うように注意をしたい。時合い夕方にはあまり釣れていない。朝方〜日中に回遊する傾向がある。潮の干満についてはこれといった傾向はない。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード