TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ドヤ顔釣行記

2013年 10月 22日 15時頃

10月22 日、中潮。今年も残すところ後2ヶ月。思い残すことがないように、そろそろ年末に向けて釣り収めの準備をするべき時期がやってきた。アジ、メバル、モイカ、タチウオ、シーバス等何でも狙えるシーズンなだけにやりたいことは山ほどある。全て満喫したいために10 月の内から色々準備していたけど、今月は台風の多さと、運動会、稲刈りなどサラリーマンアングラーにとって貴重な休みをことごとく潰されてしまって、月末まで不完全燃焼。しかし僕の思い通りにいかないことを嫌う性格上、釣りに行けなかった分を取り返そうと平日だろうが仕事で疲れた体に鞭打って釣行を強行した。その結果、厳しい試練が待ち受けているとも知らずに…。今回のターゲットはアジ。しかし急遽決めた釣行のため、潮汐の情報も知らないし、どのようにポイント立ち回るかなど釣行プランがまったく決まっていない。まあ、良くあることだしポイント選択に迷ったら実績のあるポイントを攻めていけばいいのだから大して気にもしない。

最初に選んだポイントは臼杵市大泊漁港。まだまだ明るい時間帯なのでアジに固執せず、釣り場の状況を見ながら釣れる魚を釣っていこうと、メバルタックルにオーシャンルーラー「クレイジグ・レンジキープ/0.9g」にワームをセットする。テクテクと防波堤を歩いていると、ベイトがカマスに追われているではないか。もちろん次の瞬間にはルアーをキャスト。1投で5~6匹は追ってきてすぐにバイト。サイズは20~25㎝。時合い終了まで散発的ではあるが続く。「これは夜のアジも楽勝なのでは」と早くも余裕の僕だったが、見事にそれは打ち砕かれた。カマスの時合いも終わり、日も沈んだのでアジ狙いでフェリー乗り場周辺に場所を移動。仕掛けはカマスの時と同じくメバルタックルに0.9gのジグヘッド。実はこのタックルセッティングが試練の始まりだった。いつも通りならジグヘッドは1.2gからスタートする。1.2gからでないとダメと言うわけではなく、僕は1.2 gを基準に海の状況や魚の活性に合わせて釣りのリズムを作っていくスタイルなのだ。しかし0.9gだったということに気付いた時にはすでに感覚ズレを起こしていて、もはや自分が何をしているのか分からなくなっていた。

感覚を取り戻そうと1.2gのジグヘッドに戻すが、そう簡単に感覚が戻るはずもない。場所を替え一旦釣りから離れ気持ちをリフレッシュする手もあるが、それはやりたくない。まさに負のスパイラルの極みに陥ってしまった。こういった場合は基本に戻るのが一番。まずはアジが何処にいるのか探すことから始める。キャスト後はテンションフォールでボトムまで沈める。その間に違和感があれば、それがアタリでなくてもアワセを必ず入れる。同じタイミングで違和感が続けばアタリとみなし、重点的にその層を攻め、アタリに対して自分のリズムを合わせていく。ルアー着水から約5秒後「もぞっ」とした違和感。アワセを入れるが乗らない。もう一度、同じ場所にキャストし5秒フォールすると「もぞっ」とまた違和感。魚であるのは間違いないがタイミングが一瞬ズレる。今度は着水後フォール5 秒に差し掛かる手前でほんの少しルアーをツンツンとアクションさせバイトのタイミングを焦らしてみたら「ガツン!」と激しいバイトと同時にタイミングバッチリのフッキングが決まる。時折出るドラグ音、走る速さはアジそのもの。バラさないように慎重にランディングする。釣り上げたのは25㎝のアジ。上顎に見事に刺さったフックをみて思わず「ドヤ顔」してしまった。サイズ的には、もう少しあればと嘆いてしまうが、それまでの苦労を考えれば僕的には尺アジを数十匹釣るのと同等の価値観はある1匹なので、何も言うことはない。この後、連発もせず潮も下げ止まりに入ったので本日はここで納竿となった。

釣りを続けていれば1 匹釣り上げるまでに苦労することなんて良くあること。しかし、そこで四苦八苦しながらも頑張って釣り上げた時には「やっぱり釣りは止められないなぁ」と思い、また釣りに行くはずだ。どんな試練が待っていても…。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード