TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

尺メバルを捕獲せよ

2015年 1月 24日 21時頃

1月24日、中潮。連日降り続いた雨で水温も一層下がり、釣れる魚も限られてきた。その一方で、この時期をベストシーズンとする魚もいる。それはメバルである。この時期のメバルは産卵期に入り、より浅瀬へ接岸するため、年を通して良型のメバルを狙える絶好のチャンスだと言える。私が向かったのは、大分県の南部に位置する津久見市四浦半島。ここには数多くの地磯があり、ベイトとなる小魚やプランクトンも豊富で、クロ釣りのシーズンともなると多くのクロ釣り師達で賑わう。今回は、ここ四浦半島で尺メバルの捕獲を目指す。比較的小型メバルは、本来湾内の藻場や常夜灯付近などを狙うことがセオリーとされているが、良型のメバルとなればそれも少し話が変わってくる。良型メバルはベイトを追って深場から真っ暗な磯場やゴロタ帯のサーフなどに差してくる事が多い。また大型のメバルともなると、より一層警戒心も強くなり、一度叩かれてしまったポイントはスレていることが多く、いかに普段人が入っていないポイントへ入れるかが何より重要なキーポイントとなる。

今回向かった釣り場は、地磯に消波ブロックが繋がる限りなく水深の浅いシャローエリア。故に普段は水面直下をルアーで引いてくる事すら困難だが、満潮付近から下げに入る前、ほんの僅かな時間だけ水面下を引いてくる事が出来る。午後8時30分、満潮間近。完全に日が落ちた時間から釣りを開始する。まずは、磯場周辺の状況を把握するため、4 g 程のシンキングミノーを遠投して広範囲を探りながら、潮の状況やストラクチャーとなる沈み根、水藻などをサーチしていく。しばらくキャストを繰り返すと、表層付近でベイトとなるであろう小魚がハリに引っ掛かった。すぐさまルアーを回収して小魚を確認すると、5㎝前後のカタクチイワシの稚魚。そこで、よりベイトフィッシュのサイズに合わせるため、ルアーをジャクソン「ピグミーボックスPYリップレス/4・8㎜」へ変更。フォールのカウントを3秒程取り、沈み根の際をユラユラと漂うベイトをイメージしながらリトリーブしてくると、「ゴッ」っと下から食いあげる気持ちの良いアタリ。体長20㎝のやはり産卵を控えた個体。ルアーを丸呑みする食い方を見ても、やはり雨の影響か活性は高いように感じる。

少しサイズアップを期待しながら、再びキャスト。先ほどヒットしたレンジを意識して、トレースしながら巻き始めると、今度は「ゴツゴツッ」とした感触と同時にリールが巻けなくなる。岩に引っかかったか。と疑ったのも束の間。ロッドが一気に絞り込まれ、魚が一気に根へ突っ込む。ラインの破断強度ギリギリまで締め込んだドラグは、いとも簡単にジリジリと出されてゆく。デカい! 根に潜られないようにと、ロッドを立てて何とか根から引き離そうとする。やがて、リーダーが瀬に擦れる嫌な感覚がPEラインを通して伝わってくる。やばい! と思った瞬間、「フッ」と急にロッドを持つ手が軽くなった。やられた。痛恨のフックアウト。ルアーを回収してみると、ルアーのフックは伸ばされ、リーダーは瀬に擦られてザラザラになっていた。

改めてリーダーを結び直し30分程、同じ場所をトレースして来るも手応えは無い。ただでさえ警戒心の強い魚だけに、この場所は今日はもう無理かと他の場所への移動を決意しかけたその時。「ゴツゴツ」さっきと同じ感覚。今度はすかさずアワセを入れる。アワセた時に手に伝わるどっしりとした重量感。すかさずロッドを立て、更に追いアワセを入れつつも、根に潜らせない様にゴリ巻き。やっと足元まで寄せて来たところで、再度強烈な突っ込み。慎重にバットパワーで徐々に浮かせてくる。見えた!水面に浮いて来たのは一目見て尺を確信するものであった。体長30・5㎝、700g。丸々とした文句なしの尺メバル。惜しくも1匹目は逃してしまったものの、おおよそ予想通りの展開に思わず顔もほころぶ。何よりこの瞬間の達成感がたまらない。この時期、文句なしのコンディションの尺メバルだ。

その後、潮も下げに入りルアーを引けなくなったため、明け方まで他のゴロタサーフや地磯を転々とするも、それらしいアタリもなく終了。比較的長時間の釣りとなったが、序盤の上げ潮時が今回の時合いのピークであったようだ。水温の低い日が続き、まだまだ狙える産卵期の良型メバル。是非とも、クセになるような強烈な突っ込みと力強いトルクを味わうため、装備を万全にした上で夜の磯へ出掛けてみてはいかがだろう。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード