TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

佐伯地磯で寒グロ

2015年 2月 1日 16時頃

2月1日、中潮。久しぶりに佐伯市の地磯へ釣行してきました。同行してもらったのは、同じ職場の三浦さんとチーム鬼掛でお世話になっている小原さんです。夜が明けてから釣り場の方へ向かいました。

本日のマキエは沖アミ生2角にマルキユーの「グレパワーV9」と「遠投ふかせTR」を混ぜ込みました。釣り場まで少し距離があるので、水分調整は現地で行います。釣りを始めてすぐに足元にマキエを打ってみると、潮は緩やかに右から左に流れており、サラシがあって魚の姿は見えません。仕掛けを約15m先の沈み瀬周辺に投入し、浅ダナをメインに探ってみることにします。すると隣で竿を出している小原さんの竿が曲がりました! 瀬を避わしタモに収めたのは、44㎝の口太! いきなりの良型です。

私も負けじと仕掛けを打ち返すと、ウキに明確なアタリが出ます! 何度か沈み瀬に突っ込まれながらもタモ入れしたのは、これも良型の42㎝口太でした! この後、小原さんはパターンを掴んだようで、バシバシ魚を掛けていきます。先端の方で竿を出している三浦さんもぽつぽつと竿が曲がっています。私も同じように沈み瀬を狙って、35㎝級の口太をぽつぽつと追加できました。

しかし、日が昇るにつれてアタリはあるものの、素バリが多くなります。そこでハリをハヤブサ鬼掛「早掛グレ広層/攻略5号」から「のませグレ浅層/ 攻略4 号」へ変更してみることにします。すると今までの素バリが激減し、ぽつぽつと30㎝級の口太を掛けることができました。そして充分に地磯での釣りを楽しみ、マキエがなくなった13時に納竿としました。地磯に行くには重い荷物を運ばないと行けませんが、まだしばらくは状況が良いと思うので、ちょっと頑張って行ってみませんか?

チーム鬼掛/MFG九州/古庄海・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード