TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津で掛かり釣り堪能!!

2015年 5月 10日 12時頃

5月10日、小潮。天候=晴れ。つり太郎愛読者の皆様、大変ご無沙汰してます! 現WCT(西日本チヌトーナメント協会)九州支部長の木戸です。今回は、大分県米水津に点在してます、「有漁丸」の養殖コワリから掛かり釣りのレポートを、WCT九州支部副支部長の岩村氏とお届けします。午前6時過ぎに出船〜コワリ周りのポイントを船長と相談しながら、ポイント決め! 早速、ダンゴ作り〜今回も、写真の通りです。

7時、一投目、着底…。ダンゴが自然崩壊、穂先に微かな生命反応が…。相方の岩村氏にも、生命反応、水深20m強。まずは、沖アミ生から丁寧に探って行きます。僅かな微アタリはエサ盗り。やがて、エサ盗りが寄り始めます。沖アミ生だけでは対応出来ず、コーンに切り替え探ります。しかし、コーンすらさえも盗られ始めます。ツケエを沖アミ+コーン、コーン+サナギ、青虫+コーン、多種多様にツケエを変化させながらチヌのアタリを導かせますが、なかなかチヌのアタリを見い出せません。

1時間ほど後、エサ盗りの反応がしなくなった。私が底に這わせていたツケエを、片手いっぱいにゆっくり誘い上げると穂先に反応! すかさず立ち上がり、手いっぱいにアワセを入れるとズシッと乗りました! 穂先を叩きます! チヌですね♪ 無事タモ入れぇ〜♪47㎝の腹パンパン乗っ込みでした。続けて岩村氏にも、アタリ! これも乗っ込みチヌです♪ 結果的には、2人で35〜47㎝の乗っ込みチヌを30枚前後釣り上げました♪

なおWCTは、時期に関わらず会員募集しております。理事長・別所憲治(大阪)、常任理事・正木義則(徳島/飛潮会)等…各支部有名なトーナメンターが、楽しく♪技術向上♪目指して頑張っています。

Text & Photo by WCT 九州/木戸・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード