TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見梅雨グロ早くも全開

2015年 5月 26日 14時頃

5月26日、小潮。仕事が振替休日となったので、職場でいつもお世話になっている三浦さんと鶴見に出撃してきました。向かったのは鶴見大島「赤岩」です。夜が明け始めていたので、早速準備に取り掛かります。今回用意したマキエは、沖アミ生3角にマルキユー「グレパワーV10SP/1袋」と「グレパワーV9徳用/ 1 袋」、「遠投ふかせT R / 1袋」を混ぜ込みました。ツケエにはマルキユーの「船丸/M」を用意。食い込みが良いから好きなツケエです。準備が整ったのでいざ開始!

足元にマキエをしてみると、キタマクラやハコフグがいます。潮は緩やかに左に流れており、仕掛けを約竿2本先に投入し、浅いタナから探っていくことにします。すると「釣れたよー」という声。振り返ってみると三浦さんの竿が大きく孤を描いています。とてもキレイなヤリトリでタモ入れしたのは、35㎝級の口太でした。私も試行錯誤し探ってみると2ヒロ程のタナでアタリです! すかさずアワセを入れ、慎重にヤリトリをし浮いて来たのは30㎝級の口太でした。三浦さんはパターンを掴んだようで、バシバシと口太を掛けています。しかし潮が下げに入ると、素バリやハリ外れが多くなります。そこでウキとハリを変更してみることにします。すると今までの素バリが激減し、35㎝級の口太をぽつぽつと掛けることができました。ちょっとした差で釣果に雲泥の差が出ることがあるので、クロ釣りは面白いです。

その後もひたすら仕掛けを打ち返してしていると、今までにない竿引きのアタリです! 何度も際に突っ込まれながらも無事タモ入れできたのは、本日最大となる47㎝の口太でした。久しぶりの鶴見大島での釣りを楽しんだ私達は、午後4時に納竿としました。最大47㎝を頭に数釣りもでき、大満足の釣果でした。湾内の方も釣れているみたいなので、十分に楽しめる鶴見に釣行されてみてはどうでしょうか?

チーム鬼掛・MFG 九州所属/古庄 海・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード