TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

中津港新波止でチヌ続釣

2015年 5月 23日 15時頃

5月23日、中潮。県南では、クロも釣れ出した情報も入って来る中、私の地元でもある県北のチヌの情報も好釣との事!クロは釣れてるがチヌの顔も未だ眺めてない! それならば釣友の小原くんと古庄くんに同行お願いすると「良いですよ♪」と嬉しい言葉を頂き土曜日方昼ですが、中津港の新波止に行って来ました。朝7時頃に現地に着くとすでに釣り場がないくらいの釣り人で賑わっている。小原くんに聞くとサヨリとコウイカなどが好釣との事。私達はくの字手前のなんとか竿が出せる所で竿を出す事にした。

十数年振りの中津港での釣りに胸踊らせながら仕掛けの準備にかかる。ウキは釣研「瞬黒/B」を使用し、ハリは、ヤイバの「ヤイバチヌ/2号」での半遊動で挑む事にした。マキエをするとサヨリが湧くが、それほど気にならない。ただ潮が大きいのかそれとも水深が無いのか、上潮がかなり速い。マキエと仕掛けの投入を替え、2ヒロ半で探ると数投目で元気良くウキを消し込んでいった。タイミングを取り、アワセると元気良く竿を曲げてくれる。楽しみながらヤリトリをし上がってきたのは、30㎝のメイタであった。

感謝の気持ちでリリースし、再度釣り開始。何投かするがあとが続かない。あまり群れではなく、単体で動いてるのか…。その中、隣で竿出してた小原くんにアタリ! 気持ち良さそうな竿の曲がり!!綺麗なヤリトリで上がってきたのは、40はあるだろうチヌ! 状況を聞くとやはり単体でタナも変わるとの事!いつもは良くアタるのですが、やはり場所ムラもあるとの事で、新波止のポイントはくの字の先のようだ。小原くんの言うようにその周辺の釣り人の竿が良く曲がっている。潮がふらつき上潮も滑る中、そのポイントで小原くんと古庄くんは確実にコンスタントにアタリを取っているのは凄い!!私も負けずと、チヌとコンスタントな取っているが、やはりサイズが伸びない。半日分しか持って来なかったマキエも無くなり、仕方なく納竿とした。

サヨリは朝方、チヌも上向きに感じこれからの中津港新波止は面白くなるだろう。また遊びに来たい!なお、足場がテトラ沿いなので滑らないように…。ライフジャケットは必ず着用して、事故のないフィッシングライフをお楽しみ下さい。

STT 銘技会/吉田敏光・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード