TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 長崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

SUNLINE 磯 グレ2015 宮ノ浦大会

2015年 6月 6日 12時頃

6月6日、中潮。4月に徳山で行われた「サンラインカップちぬ」に続いて、「サンラインカップ磯グレ2015宮ノ浦大会」が、6月6日に開催された。宮ノ浦新港に午前2時、サンライン製品愛好者が集まっていた。受付を済ませ船割り抽選を終えると、大会の雰囲気は最高潮に達する。新港で丸銀釣センターの「マリンアロー」・「ニュー丸銀」、丸宮釣センターの「海鯱」・「まるみや丸」、前田釣センターの「宝栄丸」の5隻に分乗して、2便に別れて会場に向かう。「マリンアロー」のグループは、高島志々伎崎方面に向かった。2便の最後はダイワグレマスターズ全国大会でお会いした吉山正蔵さん、サンラインフィールドテスター宮原浩さんと「志々伎崎三のハエ」に上がることになった。志々伎崎といえば型より数釣りな釣り場。しかし、不意の大物も期待できるという。目指すは船内1位、23㎝以上5枚まで検量に持ち込めるので、できるだけ大物を釣り上げることに徹する。満潮10時42分、5時から8時30分で釣り座を交代して12時納竿までの7時間が競技時間となる。

吉山さんはジャンケンで勝って右側に入る。小型は20㎝以下のものまで掛かってくるが、その中から30㎝オーバーを釣り上げるのは至難の業だ。三のハエのハナレとの間のシモリ周辺を攻める。5時38 分、吉山さんの竿が曲がる。狙い通りシモリで掛け、慎重に寄せるとタモに納まったのは、32㎝の口太だった。潮の動きが鈍い。本流が沖を通過しているせいか、エサが残って仕掛けが底まで入るとベラが食ってくる。上層の小型の下で待っているキープサイズにエサを食わせられるかが釣果につながる。ただし大会規定でツケエとして使えるのは、沖アミ系のエサだけ。参加者全員に公平を期すため、ムキ身などのツケエは使えないのが面白い縛りだ。

帰港してキープサイズ5枚を検量に持ち込むと、40㎝ オーバーが続出。宮ノ浦全体を会場としているだけに、どのエリアに行けるかで大きく釣果に差が出てしまうのは仕方がない。優勝は上阿値賀島北、北ノ瀬前の磯に上礁した鹿児島市から参戦の鬼塚隆一さん。最長46・6㎝、5枚の重量5・18㎏を釣った。道糸はサンライン「磯スペシャルファインフロートⅡ/1・5号」、ハリスは「トルネード松田スペシャル競技ブラックストリーム/1・5号」で、2ヒロのタナで張り気味にして仕留めたとのこと。準優勝は追帆崎の地磯「象の鼻」で竿出しした福岡市の吉田政弘さん。満潮後の潮が緩んだ時に1ヒロの浅ダナで大物賞に0・1㎜差という51・2㎝を含め、4・8㎏を釣り上げた。使用した道糸は「松田スペシャル競技ブラックストリームマークX/1・5号」、ハリスは「トルネード松田スペシャル競技ブラックストリーム/1・25号」の組み合わせ。3位は「頭ヶ島小松崎」で4・34㎏を釣り上げた長崎の廣山裕弘さん。同じく「松田スペシャル競技ブラックストリームマークX/1・75号」、「トルネード松田スペシャル競技ブラックストリーム/1・75号」と、大物をターゲットにしたラインで竿1本半と深ダナで食わせていた。

主催:株式会社サンライン

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード