TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津のイカダ様子見釣行

2015年 6月 6日 13時頃

6月6日、中潮。今日はうれしい情報が舞い込んだので、久しぶりに米水津の小浦港へ向かうことにした。2年程前までよく来ていた場所である。見慣れた風景だが、久しぶりで距離も長く感じる。ここは出港がわりと遅く、朝6時ぐらい。しばらく来ない間にイカダの位置も変わったようだ。しばらく通っていないのでポイントも分からないと、船を着ける場所は船長におまかせする。本日は下見である。

すぐにマキエを打つと流れはなく、マキエが真下に沈んでいく。前方にはロープが横に入っていそう。そこまで気にならないが、取り込みには注意しなければ…。すぐにアタリが来たが、ハリに乗らない。アタリがあるタナは、8mぐらい。ようやく魚を掛けてみると、30㎝クラスのシマアジだった! 今がチャンスと張り切るが、掛けても上げる途中でハリ外れするので、なかなか釣り上げるまでに至らない。

2時間程でアタリが遠退き、釣り上げたのは3匹のみ。その間にハリ外れが10回ぐらいと全然ダメで、修行が足りないようだ。ハリを小さくしたら掛かりも良くなるが、前にアジバリに替えて大型マダイに連続してハリを伸ばされた経験があり。そのトラウマからか、なかなかハリの選択が難しい…。2兎を追うものは1兎も得ずとあるので、ここは同じハリを貫き通した。その頃から少しやっかいなエサ盗りが出てきた。大型のバリである。水面下3mぐらいに数十匹の群れが見える。これがマキエを打つたびに見え隠れするのだ。釣り方は完全フカセのため、ツケエがなかなか下まで届かない。バリを釣り上げると1㎏以上の良型が釣れる。引きも強く釣るのは面白いが、私たちは釣り上げても食べないのでその場でリリースする。ちなみにここは、バリの他にもチヌやへダイも多く、よく行く他の釣り場に比べ外道が多い。その中でマダイやアジを釣るのはとても勉強になる。15時過ぎまで粘ったが、チヌ、ヘダイを釣り上げたのみになってしまった。今回船を着けた場所は水深12m程の場所で、イカダとしては少し浅い所。次回は深い場所で釣ってみよう。船長の話では、夏からの方が良いとの情報もあったので…。

この日チヌをダゴチンで狙われた方は、一人で2ケタ釣られたようだ。この釣り場は外道も多いが、私にとってもアジのレコードを釣り上げた所でもあるので、今後また米水津通いも多くなるだろう。大分の海に感謝。

熊本市在住/浅木祐一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード