TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

干潟で旬を釣る

2015年 6月 13日 15時頃

天気予報を見ると相変わらず傘マークが並んでいる。これだけ雨が降れば、さぞかし水温も下がりきっているだろうと手を水につけてみると、意外にも暖かい事が多い。今年も九州エリアではアユの解禁が各地で始まり、海ではポツポツとシイラの釣果も聞かれる様になった。このまま例年通りにいけば、7月中旬頃には梅雨が明ける。梅雨もやっと折り返しを迎えたと言ったところ。この時期釣りに出かけると、さまざまな変化に気が付く。釣果はもとより、河川敷の生い茂る木々や常夜灯周りの虫たち。魚釣りを通して季節を感じる。夏本番まであともう少しか。

6月13日、中潮。前回同様、杵築へやって来た。最近では狂った様に日々、杵築の干潟へ足を運ぶようになった。頻繁に通う干潟釣行の中で感じた事が一つある。干潟での釣りは意外にも管理釣り場のトラウトフィッシングに通ずる所がある。それはラインとロッドの角度を逐一考えながらファイトする事であるという事だ。これには足場が水面とほぼ変わらない位置にある事と、深い所でも水深2mにも満たない遠浅の地形が深く関わっている。干潟ではロッドを大きく立てると魚が遠くにいる内はまだ良いのだが、手前3m付近まで寄せてくるとロッドとラインの角度が小さくなり過ぎ、ロッドの弾性をうまく利用できないためエラ洗いや首振りに対応出来ず、結果バラシが多発してしまう。ロッドの角度や地形の変化、ラインメンディングなど、サーフ、磯、防波堤とはまた違った独特な難しさが干潟にはある。

さて、今回の狙いはメタル系バイブレーションを使ったチニングとフラットフィッシュ狙い。タックルは8ft前後のシーバスロッドに小型のスピニングリール。道糸はPE0・6号。リーダーはフロロの3号を1ヒロ程とり、ルアーウェイトは飛距離を重視しながらも、流れの中をしっかりと泳がせられる様に18g前後を中心に使用する。釣行開始から約1時間後、時合いは急に訪れる。ルアーが着水した瞬間にラインが吸い込まれるように一気に右へ走り出した。少し送ってアワセを入れる。ファーストコンタクトはキビレ。途端に左右へ激しく暴れ、抵抗を見せる。普段釣り慣れた魚たちとは、また違った引きが新鮮。ラインテンションを抜かない様にロッド角度を意識しながら巻いて来る。すると手前で急に魚が重たくなった。そのまま何とかズリ上げると、そこには藻団子になったキビレの姿。手前のカケアガリには藻が蔓延っている様子。藻を掻き分けて撮影。37㎝のキビレをゲット。

1枚目を筆頭に活性が上がったのか、数時間にわたって頻繁にアタリが出る。濁りがキツかったせいか、キビレはチャートカラーに反応が良かった。今度はフラットフィッシュ狙いで攻めてみる。カラーを赤ラメにチェンジ。2 フック仕様のバイブレーションを底ズル引きでスロー気味にリトリーブ。すると1投目から先ほどチヌが藻団子になった手前のカケアガリで、なにやらヒット。先ほどの事もあり、藻に突っ込まれぬようにドラグをフルロックに近い状態でゴリ巻き。どうもフラットフィッシュの引きではなさそうだが…。

ファイト時間、数秒。正体は40㎝程のセイゴ。続けてキャストするも満潮の潮止まりを迎え、アタリは遠退く一方。フラットフィッシュの顔を拝めない中しばらくその場でキャストを繰り返す。もうすぐ上がろうかと諦めかけた時、ゴッと明確なバイト。アワセるとグングンと激しく首を振る強烈な引き。サイズもそこそこの様子。手前のカケアガリをうまく避わし、一気に浮かせると待望のフラットフィッシュが現れた。狙い通りグッドサイズのマゴチを仕留めることができた。

この日、夕方から雨が強くなるとの予報を見て、安全のためにここで終了を迎えた。干潟のルアーゲーム。潮の流れや地形の変化などテクニカルな釣りを楽しめる。特に干潟で釣れるキス、マゴチはこれから旬を迎える。ぜひ釣行後の酒のお供にどうだろうか。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード