TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

津久見島のカセ釣り

2015年 8月 14日 12時頃

8月14日、大潮。津久見島観光のブログで先日から良く釣れているという情報なので、釣果を期待しつつ本日も大分へ。出船は午前5時過ぎとのこと。午前1時30分に熊本を出発し、この日も釣行は1人。釣友は仕事が忙しく、なかなか釣りに行けないようだ。5時前に港へ到着すると、釣り人が1人だけ先に来ている。まもなく船長が来て、私ともう1人の合計2名で2艘での出船となった。

本日のポイントは、港を出て津久見島の左側のポイント。アジはここが良いようだ。先日は60㎝ぐらいの大アジが釣れたと言うが、果たして…。ポイントに到着し、すぐにマキエを打ち釣り始めるが、なかなかアタリが出ない。4投目に30㎝ 級のアジ。しかしアタリは少なく、小さい。

本日も釣り方は完全フカセで、ツケエは沖アミ生である。その後、小型のマダイやチヌ等を釣り上げるが、全体に魚が小さい。また大潮なのに流れも弱いようだ。最終的に最後まで、大型マダイ、ガラアジのアタリもなく終了。なかなか期待したようには行かなかった。やはり釣りは釣ってみなければ分からない。少しアジが釣れたので、後ほどアジとイトヨリ、マダイの南蛮漬けでも作って食べてみようかと思う。それと、他の釣り人がマキエにボイルを使用していた。自分は今まで生の沖アミだけをマキエに使用していたが、次回はボイルを使ってみようか。次の釣行に期待。

私の地元熊本(天草)から片道2時間、佐伯だと3時間30分ぐらい自宅からかかるが、なぜ時間的に長くかかる大分へ釣りに行くかといえば、

①魚の魚影が濃く、魚がスレていない。よく利用する陸続きで歩いて行ける。また、イカダでも大マダイが釣れるし、それも1ヶ所だけでもなくどこでも釣れる。まずこんな釣り場は全国でも数少ないのではないか。

②大分の釣具店の沖アミ、ジャンボアミの値段が安い。熊本の半額ぐらい。ただ、虫エサ、活きエサ(エビ・小アジ)等の扱いが少ないので、扱いがあればありがたいが…。

③全体的に釣り人が少なく釣り易く、場荒れが少ない。釣り場の施設や船等、今後に期待したい。

今日も大分の海に感謝。

熊本市在住/浅木祐一・記

使用船=月見島観光開発 TEL 0972・66・5555

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード