TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大在公共ふ頭の砂置き場のアジ

2015年 9月 25日 11時頃

9月25日、中潮。ウネリの影響で沖磯釣行が駄目になったので、大在公共ふ頭の砂置き場にアジ釣りに来た。午前5時に現地に到着すると、5〜6名の方が竿を振っており、どうやらカゴ釣りの方が多いようである。この日は台船もなくラッキーにも先端部が空いていたので、そこへ入れてもらうことにした。早速準備してきた沖アミ生半角とジャンボ四分の一をマルキユーの集魚剤「チヌベスト白」と「グレパワーV9」各半袋と混ぜ合わせる。ちなみに私の場合は、沖アミ生は半解凍にして小さく砕く様に心掛けている。今シーズンのアジ釣りは、釣研「瞬黒/沈め」で釣果を上げているので、最近はこのウキが必需品となっており、ウキでアタリを取っていた私が「竿先と道糸でアタリを取る」釣りに変わり好釣果を出している。

しかし、朝まずめの絶好機は、前日からの雨による水潮とゴミで釣りにならず、午前6時半頃から引き潮が左流れに変わった時に、アジの食いが良くなってきた。ツケエのマルキユー「くわせオキアミ/M」をオーナーばり「インホワイトチヌ/2号」に付けて、仕掛けが馴染んだ時に道糸を張ってアタリを待つ。スーと竿先が引っ張られたので「来た!」と大きくアワセると、グーグーと足元へ突っ込む引き! これに耐えて25cmのアジが釣れた。時合いが来たと思っていたがすぐに潮が止まり、コツコツと来るアタリは竿先をガタガタ叩くバリでがっかりである。再び潮が動き出した引きの4分位に23cmのアジや25cm級のメイタ、20cmのメッキアジと色々とアタり出した。その後、左流れの潮が速くなったので、ハリ上40cmの所にガン玉G4を打って、ツケエは沖アミとくわせオキアミをローテーションしながら釣っていると、25cm級のマルアジが強烈なアタリ! 更に22cm級のマアジもアタるようになり、これに加えてチヌやボラも交じった。10時頃に竿先を押さえ込むアタリがあり、メイタかと思ったら足元へ突っ込む引き! 良型アジが浮いて来たので、タモで掬ったら本日最大の31cmのアジであった。

この後は、ハリをオーナーばり「沖アミチヌ/1号Wケン付き」に変更し、速い潮は「くわせオキアミ」、遅い潮は「沖アミ生」とツケエを使い分けて釣っていると、沈めウキがアタリを確実に捉えてくれるようになった。確実に潮に乗って沈んでくれる釣研「瞬黒/沈め」は、シニアの私が疲れず釣ることができるウキとして、今後も使い込み自分の物にしたいと思っている。この日は本命のアジが16匹(20〜31cm)と、外道のメイタ・チヌやメッキアジも多く釣れた。

JFC大分/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード