TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

小野田港でチヌの数釣り

2015年 9月 30日 18時頃

9月30日、中潮。朝晩とだんだん冷え込みが激しくなり、秋めいてきましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか? 今回、私は国東周辺の秋チヌが上向いてくると思い、国東半島に足を運んでみました。向かった場所は、小野田港(香々地港と竹田津港の間の港)です。秋チヌでは、良型の数釣りが楽しめる場所の1つです。一緒に竿出ししてくださったのは、釣友である蔵本さん親子と、昼からは同じ「チーム鬼掛」に所属している中澤くんが合流します。

朝9時くらいに釣り場に到着し、先端でキス釣りをされている先客の方がいたので挨拶し、しばし雑談。話によると魚の反応があまりよくないみたいで、エサ盗りはフグが多いとのこと。しばらくすると蔵本さん親子が到着し、私達も準備に取り掛かります。今回私が準備したマキエは、沖アミ生1角に、つり万「乱舞さぐりチヌ/1袋」と新発売の「カラーチヌ/1袋」。これをよく練り込み、遠投ができる様に仕上げました。タックルは釣研「エイジアLC/ 00号」を使用した全遊動を組み、ハリは遠投してもツケエが外れ難いハヤブサ鬼掛「競魂チヌ/1号」。

仕掛けの準備が整い、実釣開始。まだ潮が引いておらず、テトラに降りれないということもあり、波止から竿を出します。30m程沖を重点的に攻めポイントを作っていくイメージで仕掛けを打ち返します。すぐに反応がありますが、ベラ、ゼンゴ、チャリコ、バリといったエサ盗りのアタリばかりで悩まされます。潮の流れも複雑で、釣り難い状況が続きます。そんな中、沈黙を破ったのは蔵本さんの息子の竜太くん。鋭いアワセが入り、大きく竿が弧を描いています。綺麗な竿捌きでテトラを避わし、上手くタモに収まったのは見事40cmオーバーの綺麗なチヌでした。これで私たちも一気に活気づきます。続けと言わんばかりに蔵本さんのアワセが決まり、難なく取り込んだのは、これまた40cmオーバーの良型チヌでした。さすがチヌを枯らす男! 蔵本さんに煽られながら私もチヌに猛アプローチしますが、なぜか反応がありません(涙)。蔵本さん親子はパターンを掴んだようで、ポツリポツリとチヌのアタリを捉えていきます。潮も良い感じに下がり、テトラに降りて竿出しできそうになったので、皆でテトラに降りて釣りを続けます。

ここで中澤くんも到着し、一緒に釣りを開始します。すると何ということでしょう。開始早々に中澤くんが大きく竿を曲げます。無事取り込んだのは、これまた良型チヌ。こうなると釣れてないのは、私ただ一人…(涙)。内心の焦りを隠しながら、試行錯誤して仕掛けを打ち返すと、ようやく待望のアタリが来ます! 秋チヌの元気な引きを楽しみながら取り込んだのは、30cm後半の綺麗なチヌでした。とりあえずこれで一安心。チヌが捕食しているタナは浅く、マキエが効いてくると仕掛けが馴染む前に引ったくって来ます。このアタリがたまらない!

それから私にもぽつぽつとアタリが出始めて、4人で並んで暇しない程度に竿を曲げてくれました。しかし、まだ釣れるだろうと思ったのも束の間、突然雨が降り出したので渋々納竿する事にしました。今回の釣行では、大型は出ませんでしたが、30〜40cmクラスの良型の数釣りを堪能できました。これから国東周辺は秋チヌがどんどん上向いてくると思うので、皆様もぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか? 良い釣果に恵まれると思いますよ。また国東半島周辺は、砂底の多い場所なのでチヌ釣りだけじゃなく、ファミリーでのキス釣りなども充分に楽しめるのでオススメの釣り場ですよ。

チーム鬼掛大分支部/小原雄・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード