TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ライトショアジギング&アジング!

2015年 10月 7日 13時頃

今回の舞台は坂ノ市の一文字。ここ坂ノ市一文字は「都会の名礁」と呼ばれ、数多くのアングラーに親しまれている。また、一文字には横、縦、沖といった様々なポイントがあり、休日には大勢の釣り人で賑わっている場所だ。今回はその「都会の名礁」の恩恵を受けるべく、早朝から一文字に乗り込んだ。

10月7日、長潮。今回は早朝5時から20時まで釣りをする。朝昼は青物狙いでライトショアジギング、夕まずめからはアジングをメインに釣りを進めていく予定だ。まずは渡船の船長に帰りの時刻と乗りたい一文字の場所を相談する。今回は沖一文字に渡してもらう予定であったが、この日はウネリが強く沖一文字は渡せないということで、急遽予定を変更して日吉原ふ頭にほど近い縦一文字を選択した。

大在ふ頭から5分程船を走らせ、いよいよ縦一文字に到着。早速、釣りの準備に取り掛かる。最初はシーバスロッドにPE1号を200m巻いた中型リールを選択。メタルジグ20gをつけてフルキャストする。ハイピッチジャークで沖合いの状況を手返し良く探る。開始数投、早速ボトム付近でヒットしたのはエソ。それからも数投に1匹ペースでエソのヒットが続く。ここまでエソの活性が高いと、あまり条件が良くない印象を受けるが、実はこの魚の活性が他のフィッシュイーターを釣る上で大きな手がかりとなる事は多い。特に沖合いのベイトフィッシュの有無にはエソの活性を知る事が一番の近道である。即ちエソの高活性は、ベイトフィッシュが豊富である事を示している訳だ。諦めずにキャストを続けると、エソに交じって良型のカサゴが釣れる(写真①)。サイズは25㎝程で、やはりコレも同様に腹がパンパンで積極的にベイトを捕食しているのが分かる。ベイトはかなり多い様だ。しばらくすると、本格的にウネリがきつくなり、ボトムを取り難くなってきた。ここでショアジギングタックルに持ち替え60gのメタルジグを投げる。この日は平日で人も少ないため、今度は一文字をランガンしながら更に遠投して探ってみる。日吉原ふ頭側からランガンを始める事、約1時間。堤防の中間付近でヒット。今度は左右へ激しく走ることからメッキアジかと思えたが、上げてみると一文字では珍しいカイワリであった( 写真② )。カイワリはアジ科の中でも、非常に美味なので釣れたらぜひ持ち帰りたい魚のひとつである。

その後、夕まずめまで粘るがこれといった魚からの反応は得られず。日も傾いてきたため、予定通りアジングゲームに移る。アジングでのタックルは以前からのライトゲーム同様、2000番クラスのリールにP E 0・2号、ルアーは1・5gのジグヘッド単体を使用した。最初はアジが目視できるタナ約1ヒロ付近までフォールさせ、スローリトリーブ。しかし追う様子もなく、反応は得られない。続いてタナを2ヒロ半までフリーフォールさせ、そのままベールを起こし潮の流れに乗せるようにテンションフォールさせる。するとすぐに読みがヒット。サイズは22㎝ とまずまずのアジだ(写真③)。しばらく同様の釣り方で釣果を伸ばしたが、日が更に落ちると中層からアジの気配が消えアタリが無くなる。そこで、また釣り方を変えてみる。ジグヘッドをボトムまで完全に着底させ、ボトムから浮かせない様に注意しながらロッドを少しづつサビいてやる。一見地味に見えるが、この方法は日頃マキエが多く打たれているポイントに有効な釣り方で、ボトムに張り付いて下に溜まったマキエを食べている居着きのアジに口を使わせる事が出来る。これが功を奏し再びヒットを重ねる。気がつけば20〜25㎝のアジが35匹という結果とになった(写真④)。

少し沖に出るだけで、ここまでサイズ、釣果がガラリと変わってくる。流石「都会の名礁」と言われるポイントである。今回、青物の姿は確認できなかったが、ベイトとなる小魚の群れが多く入っていることから、いつ青物が入ってきても、おかしくない状況なのは間違いない。また、縦一文字の堤防周りには日中でもアジの群れの回遊が確認できた事から、時間帯や潮によってはエサ、ルアーを問わず入れ食いになる。アジを狙って1日釣りを楽しむのもいいだろう。この秋、様々な魚種を求めてぜひ一度、坂ノ市 一文字まで足を運んでみてはどうでしょうか。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード