TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

デイゲームで捕獲せよ!秋のビッグワン

2015年 10月 18日 14時頃

シーバスの魚影が濃い事で知られる大分県大野川。ここ大野川は、大分県有数のシーバスフィッシング激戦区という事で、最近では遠方からも多くの人が押し寄せ、魚にかかるプレッシャーは相当なものだろう。とはいえ、ここをホームとしている私としては、今更人の多さに根を上げる訳にはいかない。「釣れない魚を釣る」釣り人にとっては永遠のテーマであろう。無論、そのテーマはシーバスフィッシングにおいても他ならない。ルアーサイズ、アクション、水温、天候、ベイトの有無やその種類。もっと言うと、フックやライン等も密接に関係してくる。どれか一つでも欠けていると、シーバスは非常に釣り難くなり、特にランカーサイズともなると、その傾向はより一層強くなる。つまり、それだけシーバスフィッシングというのは、シビアな世界であると同時にほんの小さなこだわりが大きな結果を生み出す事もあるという事だ。

10月18日、中潮。日曜日とあって早朝から人が多い。各アングラーがそれぞれの夢を追っているのであろう。さて、今回はデイゲームを楽しもうという考えのもと、陽が昇った朝7時から釣りを開始した。潮はちょうど干潮潮止まりから上げに入ったタイミング。始めに今回使用したタックルを紹介する。ロッドはL(ライト)クラス表示のシーバスロッド。リールは1000番台ボディに2000番スプールを装着したものを使用した。メインラインはPE0・6号を200m、リーダーはフロロカーボン4号を1ヒロ取り、FGノットで結束する。

準備は整った。まずは、ルアーを正面へフルキャスト。ファーストリトリーブで広範囲を扇状に探ること1 時間。ベイトは表層に多く確認できるものの、依然としてシーバスからの反応はない。そこでキャスト後、潮の流れにラインを乗せる。U字にラインメンディングして地形の変化があるポイントをU字の頂点に持ってくる。ドリフトの基本動作だ。ドリフトを駆使し、他のアングラーとは異なる方法でアプローチしていく。そして、その答えはすぐに出た。中央のカケアガリ付近、丁度U字の頂点に差し掛かった時、コッとしたショートバイト。そのままリトリーブを続けると、直後にドン! と強烈なバイト。重さが乗った事を確認してしっかりアワセを入れる。一瞬で大物である事を確信できる重量感だ。時間を掛けシーバスの動向を探りながら慎重に沖で弱らせる。中々底から離れようとしないシーバス。ロッドのバッドパワーをフルに使い切り、やっとのことで底から離しきると、今度は水面まで一気に浮き上がり、豪快なエラ洗いを見せた。80㎝は優に超えている。瞬時にフックポイントを確認。幸いにもルアーは横向きに咥えている。食いは深く外れる事は無いだろう。後はラインにかかるストレスを考えながらシーバスの体力消耗を待つだけだ。

決してリールは巻きすぎない。必要最低限ラインテンションを保ちつつ、冷静に対応する。シーバスは体力があるうちに寄せて来ると、手前のスリットや障害物に全力で突っ込もうとするからだ。それが大型のシーバスともなると、並みのシーバスロッドでは制御出来なくなる。ファイト開始から約5 分。いよいよ、その全貌が明らかになる。やはり80㎝ オーバーは固い。メジャーを当てて計測に移る。なんとピッタリ100㎝。1mの正真正銘モンスター級シーバスだ。

ヒットルアーは「サスケ120烈波」。フックサイズは純正#6から#4へ変更。スローシンキング気味に振ってある。こうする事でアクションは若干小さくなるが、レンジキープがしやすく、よりナチュラルな動きでプレッシャーを感じているシーバスに違和感を与えることなくバイトに持ち込む事が出来る。見ての通り、中間フックは全て破損、リアフックも2つ伸ばされ1つは破損している。平打ちの強靭なフックですら、この様なのだからモンスター級を狙う場合には是非純正フックから、ある程度強度のあるフックへの交換が望ましい。写真撮影を早々に済ませ、シーバスを水中で休ませる。体を支え、エラに酸素を送り感謝と敬意の気持ちを込め回復させる。徐々に体力を取り戻した所で手を離すと、ゆっくりと沖に向かい帰っていった。その姿は実に神々しく、威風堂々たる姿であった。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード