TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津平瀬の寒グロ釣り

2016年 1月 6日 13時頃

1月6日、中潮。午前3時出港の「えびす丸(小浦港)」に乗り込み、今年の運勢を占うべく降りた磯は「横島平瀬」。船長の計らいで一般瀬の中でも良い磯に上礁することができました。今回のメンバーは、波多江さんと大槙さんと私の3人。夜明けまでは時間もあるので、豚汁を食べながら談笑し、釣り以外の楽しい時間を満喫しました。そしてお決まりの磯エギングでは3バイのモイカをゲット!「なんて幸先の良いスタートだろう〜」と、心躍らせながら夜が明けるのを待ちました。

辺りが十分に明るくなったところで、いよいよクロ釣りの準備に取り掛かります。仕掛けはいつものロングハリスを使用した全層沈め仕掛け。ハリにはヤイバ「閃烈グレライト/5号」を結びます。オーソドックスな伊勢尼形状で、細軸・軽量バリで非常に使い易く「ライト」と表示されていますが、強度も申し分ありません。何より刺さりが良いので、大変気に入っています。準備が整ったところで海に御神酒をまき、3人で今年1年の安全と爆釣をお祈りして釣り開始。潮は「横島4番」に向かってゆっくり流れており、先端からできているサラシにぶつかって良い潮目を形成しています。

マキエを十分に効かせながら仕掛けを流していると、潮下にいた波多江さんに早速アタリ。サイズは30㎝前後でいわゆる「横島サイズ」のクロが釣れます。釣れるパターンを見つけ、一人連発モードに突入していきます。私もなんとかパターンを見つけて、ぽつぽつ拾っていきますが、何せ魚影が濃く横島サイズがすぐに釣れてしまう状況。なんとも贅沢な悩みですが、なかなかサイズアップが叶いません。マキエ・仕掛けの投入をズラしたり、ツケエを替えたりと様々な手を尽くすのですが、3人のマキエが効き過ぎているのか、どれもパッとした効果を得られません。そこで釣り座を移動することにします。「平瀬」はご存じの通り離れ瀬になっているので、次は「キナル」向きで裏の水道からの潮を狙うことにしました。

手前はゴロタが広がっており、水深は竿1本ほど。取り込みが難しそうです。マキエを打ってみると、「キナル」と「横島4番」、「横島4番」と「平瀬」、「平瀬」と「キナル」それぞれ3つの水道からの潮が反転流を形成し、思うようにポイントが定まらず、仕掛けを振り込んで様子を見ますが、00号のウキが浮く潮とすぐに吸い込んでいく潮とがあり、一筋縄ではいきません。当然、仕掛けが浮いたままではアタリもなく、ツケエだけを盗られてしまいます。これはエサ盗りの仕業と推測して、吸い込む潮を探します。

1投毎に先打ちのマキエを視認しながら、まっすぐ沈下していく潮にダイレクトに仕掛けをキャストして、ウキがシモるのを目で追っていくと、ストッパーが引き込まれます! ここでアワセを入れてやるとビンゴ!35㎝オーバーの真っ黒な地グロが釣れました! やはり表より裏の方が釣れる魚の型が良いようです! ですが、反転流の強弱は刻一刻と変わり、ポイントが安定しません。こういった時はポイントをじっくり探しながら1枚1枚を丁寧に釣っていくのがベスト。吸い込む潮が近づいた時に同じパターンでコンスタントにアタリを捉えることができました。

最大で40㎝ ほどを取り込むことができましたが、地を這うような強い引きを止めきれなかったことが心残りです。反転流以外の流れている潮などにはサンノジなどの他魚が多かったように思います。エサ盗りはトウゴロイワシ、スズメダイ、キタマクラなど。この日はツケエにちょっかいを出すエサ盗りは少なかった様に思います。終わってみれば、全員2ケタ以上の大漁。「平瀬」の魚影の濃さに大満足の釣り初めとなりました。

今年は暖冬の影響で水温がなかなか下がらず、18℃前後を推移しています。エサ盗りも元気ですが、同じくらいクロも元気なので、まだまだ寒グロの数釣りが楽しめそうです。皆さんも食味も最高の寒グロ釣りに行かれてみてはいかかでしょうか?わたしはしばらく米水津通いが続きそうです。

MFG九州/溝口勝人・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード