TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

蒲江「三つ子島」の寒グロ釣り〜高バエで40㎝超〜

2016年 1月 11日 14時頃

1月11日、大潮。待ちに待った初釣り♪ お正月が明けてからは、釣具店巡り。やっとこの日が来ました。今回のメンバーは、角田師匠、磯崎さん親子、後藤さんの5人だったはず? ですが元猿港に着いてお世話になる「豊光丸」を待っていると、サプライズ登場の江藤さん&辻村さん。前日は米水津の磯に上がっていたとのことでした。初釣りも賑やかになりそう(笑)。

朝6時出港。船は三つ子島の「平バエ」に向かっています。船着きには、すでに3名が上礁。船長さんの指示の元、鼻の部分に江藤さんと辻村さんが上がります。そして、私を含めた5人は「高バエ」に。まずは、マキエ作りです。沖アミ生3角に釣りまんの集魚剤「グレナビ」を3袋。「グレナビ」は遠投性に優れ、縦方向に拡散されるのでツケエとの同調がしやすいです。コントロールが定まらず、インターバルを未だに掴めていない私、どれだけ助けられたか分かりません。ウキは釣研「エイジアマスターピース/01」をチョイス。お気に入りを手に釣りが出来ると思うと鼓動が体中に響きます♪ 角田師匠を見ると、高台の位置で足元狙い。際から出てくるクロを狙うのも高揚します。昨年末、師匠は51㎝のクロを手中にしています。朝一番の出来事でした。クロが掛かると一気に竿にガンッと乗ってくるので、クロの優勢にならないように強気で攻めます。糸鳴りと共に瀬に潜り込まれないよう、力強く引き寄せる姿は感動もんです。

私は海に向かって一番左側からの竿出しです。少しウネリがあるせいか、足元のバッカンが波を被ります。取っ手を足で踏んで、慎重さを心掛けます。すぐ下には沈み瀬が待ち構えているから、まずは頭の中でシュミレーション。魚を掛けた時にどこの場所に移動してタモ入れまで事を進めるか。ある程度の予測をした後、マキエを足元に10パイ。その先に仕掛けを入れて、ラインを張り気味で引き寄せてみます。すぐ足裏サイズのクロが顔を見せてくれました。タモは不要で、勢いよく引き上げます。お隣では後藤さんが喜悦の笑顔で、手返し良くクロを掛けています。そのお隣では磯崎さんが仕掛けをモゾモゾ。「どしたん?」と声を掛けると「瞬殺やったわー」と、どうも良型をバラシたようです。悔しいというよりも、心が弾んでいる表情。みるみる頬が赤みを増し、久しぶりの釣りを心から楽しんでいる姿に私まで心がボカポカ。

主に足裏サイズが飽きることなく、掛かってきます。どうやったらサイズアップを狙えるか思案。少ない引出しを漁るのもなかなか楽しいものです。こんな時は、気分転換にイカの切り身でアカハタ狙いをしてみます。いきなり1 投目でグイグイ引っ張られ、「ちょ、ちょっと待って下さ〜い」という言葉も発せずに、切れちゃいました(笑)。魚の正体を確かめたくて、何度かトライ♪「ここには、ハタの良型がきっといるよ〜☆」。

お昼になり、後藤さんがお手製の豚汁を振舞ってくれました。釣り談義も始まり、寒空の中でも磯には笑い声が響き渡ります。後藤さんとは池永名人つながりでお会いしてからのご縁です。釣りに対する熱意は強く、魚料理にも挑戦中! この日も足元に優雅に泳いでいるウツボを発見し、フカセで掛けようとしていた後藤さん。「上手く掛からんわ」といよいよタモを取り出し掬い始めました。ウツボは後藤さんの気迫に負けたのか(笑)、すっぽりタモ網に納まっています。その姿には一同大爆笑♪ウツボは後藤さんに逮捕され、唐揚げに変身したようです。三つ子島は上げ潮の時合いがチャンス到来ですが、下げ潮においても潮が動いていればクロに会うことが出来ます。シーズン初めは小型主体となりますが、今後の寒波の訪れと共に型も上がっていきます。年末も何とか40㎝オーバーのクロと出会えたので、初釣りも幸先良くスタートしたいところです☆

そして上げの夕まずめに期待!左手の沈み瀬周りにサラシが出来ています。マキエをドカドカ入れて、その1m先に仕掛けを投入します。ウキが見えなくなるかなという位でほんの少しラインに張りが出来ます。アワセると、重たい引き〜♪手前に寄せるまでは流れもあり、ズーンとした感じで、近付くにつれて右に左に元気よく走られます。慎重に浮かせると、40㎝オーバーのクロ!会心の笑みになった私でした☆港に帰ると、江藤さん&辻村さんはクーラー満タン。試行錯誤しながらクロを掛けていったとのことでした。加えて30㎝超えの大きなアラカブとイシダイもお土産にしていました。夕方からが好釣となった三つ子島でした。一瞬、一瞬で海が変化するのを見るのも楽しみの一つです。溢れるほど豊かな色彩に癒されます。また釣りに行こう!



岡本みどり・記


岡本みどり・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード