TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

蒲江筏釣り逃がした魚は大きい?

2016年 1月 9日 11時頃

1月9日、大潮。今年初めての釣りは、いつもの釣友と2 人で昨年の暮れから行き始めた神宮筏へ。この時期は日の出も遅いので、午前3 時に熊本を出発し、大分へ向かう。車中では昨年の釣りの話。今年はどうだろうかと話をしながら、2 0 1 6 年の釣りが始まった。イカダに着くと、まだ夜が明けておらず、夜明けを待ってからの竿出しである。本日はイカダでのテンヤ釣りで、熊本より虫エサを持参。それと沖アミでのフカセ釣りもする。ここのイカダは全長が長く、水深は12〜14m ぐらいで底が砂と小石でフラットのため、根掛かりも少ない。1 年を通してみなければ全ては解らないが、今年から通うつもりである。また湾内・湾外でも舟掛かりで釣りができ、リーズナブルな価格で色々な釣りが楽しめる。

さて、本日の釣果から言うと、年頭から散々である数少ないアタリを掛け、午前10時くらいにテンヤにて70㎝ アップ程の体高のあるマダイをタモに入れるまでは出来たが、小さなタモ(網部分の長さ60㎝・幅40㎝・深さ30㎝ のラバータイプ)で無理に取り込もうとしたのが原因で頭から入り切らず、タモ入れ失敗でバラシ! 同行の釣友が大きなタモを持ってくるのを待っていれば良かったが、昨年の暮れに同型サイズを小さなタモで無理に取り込めたのが、頭の片隅にあったのかも…。大きなタモが無ければ仕方がないのだろうが、やはり人間、おごりは禁物である。後で考えると私のそのときの心境は、「バラシたのは仕方ない。それに大きいといっても70㎝ ぐらいだ。また釣ればいいか…。しかし年頭からイヤな感じだ…」。

その後はアタリも無く、釣友も小さなイワシをサビキで掛けるだけ。そのまま底まで仕掛けを落とし、泳がせ釣りをしたところ、ヒラメらしきアタリで竿先が海中に引き込まれるが、これも途中でバラシてしまった。どうやら釣友もついていない。さらに私は午後1 時過ぎ頃に又やってしまった…。イカダの先端の方で小さなアタリの後、竿先を少し押さえ込むアタリが来たのだが、アワセるが魚が乗らない。ツケエは盗られる始末…。すぐにツケエを取り替えて同じ場所に入れると、前に比べて力強いアタリ。今度は乗せた! 引きの強さから朝のバラシくらいか、今度は釣友に大きいタモでのタモ入れを頼む。何回かの締め込みの後、釣友のタモに無事収まった。イカダの上でお腹のエアーを抜き、サイズを測って写真を取り、一安心。しかし、これでは終わらなかった。本日はまだ1枚目、通常ならスカリの中に魚を入れ、そのあと海中にセットするが、なぜかこの日は先にスカリを海中にセットし、その後に魚を入れようとした。しかも大型の場合、尻尾の方をタオルで掴んでスカリに入れるのだが、なんということでしょう! タオルが手元に無かったため素手で入れようとし、魚が暴れたハズみで見事海へドボン! 意に反してリリースしてしまった…。写真は逃がす前のものである。

その後、なんとかお魚をと思い、47㎝のチヌ、20㎝のメイタを釣り上げたが、大きさも色も変わってしまったと言ったところ。魚を逃がすことはそう何とも思わないが、自分の不注意で逃がしたことが気に掛かる。釣りを長くやってきていると、少しは自分でも釣れるようになり、大きな魚が釣れても初めて釣った時のような感動も少ない。魚もぞんざいに扱う。やはり初心に返れと言うことか。

さてさて、初釣りから変な釣りであった。今年はどうなることやら…。帰りの車中、釣友から「2枚リリースしたから、まだ(海の中に)2枚は残っているから」と慰めの声が掛かる。私はすかさず「ちゃんと私の名前がついているから自分で釣る」と変な話をしながら帰宅した。70㎝×2枚、絶対にリベンジするために、このイカダに通いそうだ。本日も大分の海に感謝。

熊本市在住/浅木祐一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード