TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 宮崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

北浦 雰囲気的には秋磯っぽい? 1月末の寒グロ状況

2016年 1月 30日 16時頃

1月30日、中潮。九州に大きな被害をもたらした大寒波が通過した後の土曜日、秋磯の気配がしばらく続いていた北浦の磯に寒グロの状況を伺いに行きました。いつもの「喜福丸」さんにお世話になり、朝6時出港の便に飛び乗ります。今回のメンバーは、藤本くんと広瀬さん。暗がりを進む船から磯を覗きますが、どの磯も空いており、前日までのウネリを牽制しているのか、他に釣り人はいないようです。そして私たちが降りた磯は「中のハエ」の先端。北浦きっての名礁に3人ともテンションが上がります!

今回使用したマキエの集魚剤は、マルキユー「グレパワーV10/ 2 袋」、「グレパワーV9徳用/ 1 袋」、「グレの道/ 1 袋」、「遠投ふかせスペシャル/ 1 袋」を事前に釣具店にて準備済み。談笑もほどほどにタックルの準備に取り掛かり、釣り開始。船の水温計は18℃ となってたので、先日の寒波は海には影響がなかったようです。「コッパオナガ、もしくはエサ盗りの乱舞」を想定し、これをいかに避わすかが鍵になりそうです。

マキエをして様子を伺いますが、心配していたエサ盗りは居ないようです。マキエが効くまでは良型の魚がアタってくることが多いので、集中していると2投目に足の裏ほどのクロが釣れました。「オナガはいないのか?」と少し安堵していると、隣で竿を出していた藤本くんに大きなアタリがあったようで、一瞬でチモトからスパッと切れたようでした…。「やはりオナガか…」。18℃という水温はオナガにとっても適温だし、「中のハエ」という場所だけに、これは避けられないようです。潮は深島方面にゆっくり流れ、いわゆる「上り潮」が釣り座をかすめていました。この潮が流れている時は、北浦の場合総じて魚の活性が上がるので、一層集中して仕掛けを打ち返します。

エサ盗り及びオナガ用に大量のマキエを足元に打ち、少量のマキエを沖の潮目に打ち込みキャスト。マキエの真芯を捉えた仕掛けが馴染み、竿1本ほど潜ったところで、フカしていた道糸が弾け、明らかに重々しい強い引きが愛竿を襲います。一瞬のされかけましたが、すぐさま体制を立て直し、浮かせにかかります。しかし、竿を絞ったところで竿先が宙を仰ぎました。仕掛けを回収すると、ハリは残っています。「ハリ外れ…、やってしまった!」。高めの水温とオナガの来襲に気持ちが早まり「しっかりと食い込ませる動作」が甘くなってしまったようです。条件とは裏腹に型の良いクロは食い渋ってるようでした。このような時、アタリが出てからアワセるまでの動作は、より慎重にするように意識しなくてはなりません。より食い込みを良くするためにハリを5号から4号にサイズダウンして再チャレンジします。今度は仕掛けが馴染む前にウキが消し込み、35㎝ ほどのクロが釣れました。思い通りというわけでなく、頭の中は「???」がたくさん浮かびます。ここで一旦小休止をしながら二人の釣りを観察します。二人とも1000釣法を実践しており、コンスタントにアタリを取ってクロを掛けていますが、オナガやコッパグロに邪魔をされており、中々サイズアップが叶わないようです。

そして、後方から強く吹き付ける風に邪魔をされ、仕掛けとマキエを深ダナで同調させるのに苦労してるようでした。このような場合はガン玉を使い、強制的にツケエを送り込むのが良いとされていますが、私の釣りは食い込みを重視するために極力ガン玉を打たず、出来るだけ自然にツケエを落下させることを心掛けているので、立ち位置や投入角度を何通りも試し、ツケエを送り込んでいきます。そして日が高く上がった頃、一瞬風が静かになった時に沖の潮目にマキエを一点集中して打ち込みます。なるべく濃いマキエの柱を作り、その柱のど真ん中に仕掛けを投入。アタリを取り易いように余分な糸フケを巻き取り、竿先から垂れる道糸に全神経を集中します。すると波の波長とは明らかに違うリズムで一瞬道糸が張り、穂先を押さえ込みます。我慢できずに間髪入れずアワセると、先ほどと同様、強い締め込みが襲います。弱気なヤリトリは相手に主導権を渡すことになるので、頭の向きを確認し、その方向に強く絞り上げ一気に巻き込みます。ハリスは1・5号なので無理は出来ませんが、頭の方向に引っ張ればさほど魚も抵抗なく上がってくるので、容赦なく巻き込みます。こうして浮かした魚体は明らかに40㎝ オーバー!ウネリが残っているので慎重にタモ入れし、釣ったクロを計ってみると、北浦での自己新である47㎝のキレイなクロでした! 食い込みを促すための工夫と、吹き付ける風が止んだ隙間に微少なアタリをものに出来た大満足の1枚でした。

午後からは更に風が強くて小さなアタリは余計に取り難くなり、道糸をひったくるオナガのみの釣果となりました。この日は「喜福丸」一艘で、6名の釣り客を全て「中のハエ」に降ろして釣りをしていましたが、全体的に釣果があり、この磯の魚影の濃さを再確認できました。ですが1月も終わりになっているのに水温が高く推移されている現状、まだまだ本格的な寒グロシーズンとは程遠い印象でした。ですが逆に言えば、まだまだ魚も元気一杯で、魚釣りの本来の楽しみを満喫できるという意味です。オナガの急襲もあるので、ワンランク太めのタックルで専門に狙ってみるのも面白いのではないのでしょうか? 本音は腹ボテで食味も抜群の大型グロをたくさん釣りたいですが…(笑)

MFG九州/クラブキザクラ大分/溝口勝人・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード