TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

亀川漁港で根魚釣り

2016年 1月 31日 16時頃

1月31日、小潮。本年度からライターになった田島と申します。さて、今回は日中の根魚狙いへと、別府の亀川漁港に向かうことにしました。現地に着いて辺りを見回すと、どうやらフカセのチヌ釣りをしている方が多い。この日は天気も良く、風もほぼ無風で釣り日和だったからだろう。こちらも一息ついたところで、釣りを開始する。タックルは7ftクラスのメバリングロッドに2000番クラスのリールと、ごく普通のメバルタックル。ラインは主にPEかフロロカーボンを使うのだが、今回は0・8号のフロロカーボンを使用。ジグヘッドは0・3号、0・6号、1・3号を用意したが、今回のメインは1・3 号をチョイス。ワームはエコギアの「メバル職人」を使用した。

堤防の際や船の下などには10cmくらいのメバルが浮いているのが目視できる。時より40cmくらいのチヌも泳いでいるようだ。早速、堤防際にジグヘッドリグを落とすが、反応が無い。そこで外側のテトラにジグヘッドリグを落とす「穴釣り」を試してみるものの、こちらも全く反応がない。あまりの反応の無さに「魚がいないのだろうか…」と不安に思いながらも、漁港内を探って行く。

午前11時半頃、ようやく堤防際で手の平サイズのカサゴを釣り上げた。同じ様に堤防際を探って行くと、ここから爆釣モードに突入。しかしサイズは手の平のカサゴばかり。こんな調子でカサゴを7〜8匹釣ったところで、アナハゼの登場。こちらも意外と面白い。更に次の1投でボコ(タケノコメバル)を釣り上げた。色んな魚達が顔を出してくれるのも、この釣りの魅力である。また、少し沖目のブレイクラインを狙うのも面白い。そのブレイクラインを狙うと、手の平サイズの本メバルが食ってきた。こちらのメバルは夜に狙うと良型もアタってくるので面白いのだが…。

今回は2〜3時間の短時間釣行だったが、軽く15匹位は釣った。なお、今回釣った魚は全てリリースすることにした。小さい魚はなるべくリリースを心掛ける事も大切だ。まだ日中釣りでは日ムラはあるものの、夜は安定してメバリングが楽しめる様子。手軽な装備で楽しめるので、皆さんも楽しいライトゲームに出掛けてみてはどうだろう?

豊前市在住/田島雅治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード