TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

5〜6月はナマズゲーム!

2016年 4月 15日 22時頃

4月も過ぎ、いよいよ5 月に突入しましたね。私は毎年ゴールデンウィークを楽しみにしています。と言うのも、この時期から毎年、淡水のナマズゲームが始まるからです。今回は過去の釣行を踏まえて、ナマズ釣りを紹介したいと思います。

近年ナマズゲームは、人気の高い釣りとなっています。大分県北部では、例年5〜6月に田植えが始まるので、この時期はナマズの産卵期なのです。田んぼに水を引くと同時に、用水路にナマズ達が昇ってきます。その用水路が、ナマズゲームのフィールドとなります。なので、水門の流れ込みや浮き草回りなどの障害物があり、水深が浅い所がオススメのポイントです。

日中に橋の上などから下見をし、ナマズが確認できたらその場所を攻めてみましょう。基本ナマズゲームは、デイゲームよりもナイトゲームがメインとなります。つまりヘッドライトが必須品です。タックルはバット力の強いベイトタックルを使用し、専用ロッドに小型ベイトリールを付けて使用。専用ロッドではなくても、バスロッドでも十分使用できますが、なるべくバットが強く竿先の柔らかい竿をオススメします。

使用するルアーは、ナマズ専用のノイジー系ルアー。ラインはPE4号で、ナイトゲームで使用する際は「ケミホタル」を頭部に装着すると、目視しやすくなります。フックは魚へのダメージを考えて、バーブレスフックを使用します。ナマズは目が悪く補食が下手なので、何度も「バフッ! バフッ!」とバイトしてくるのが、たまらなく面白いのです。多少のヤリトリをしても、何度もルアーにバイトしてきますので、そこがこの釣りの魅力です。

ナマズは釣ったらリリースするので、その点にも気を使うことが大切。魚を置く際は、コンクリートの地面等には絶好に置かないように心掛けましょう。写真撮影をする時は、草むらなどの柔らかい所に優しく置いてあげると、魚体が傷つかずに済みます。また、写真を撮る際は、写真撮影に便利なフィッシュグリップを持っておくと便利です。

リリースする際は、足場が高ければネットに魚を入れてゆっくり逃がすように。ネットを持っていなければ、水汲みバケツに収まるように魚を優しく入れてから、ゆっくり下ろしてリリースするのも良いと思います。用水路でする際は、田んぼの土手は絶好に壊さないようにしましょう。農家の方に挨拶をし、一言断りを入れてから釣りをしましょう。

まだまだ始まったばかりのナマズですが、これからますます水温も上がり、活性が高くなってきます。狙いは「田んぼに水が張り出したら」です。皆さんもタックルを揃えて、手軽で楽しいナマズゲームに行かれてみてはいかがでしょう?

豊前市在住/田島雅治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード