TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

梅雨のチニングゲームを楽しもう!

2016年 5月 29日 12時頃

さて、今年もまたチニングの季節がやって来た。気温が高く、雨量が多い梅雨入りを迎える頃になると、チヌの活性は徐々に上向きになり、その警戒心も雨音や水面の波紋に比例する様に薄くなる。余程スレて無い限り、梅雨時期のチヌのアタリは根掛かりの様に明確で分かりやすいものなので、この時期は非常に釣り易い。この夏、新たにチニングを始めてみたいという人には、このチャンスを逃す手は無いだろう。

5月29 日、小潮。この日は乙津川河口より少し上流にポイントを絞り、釣りを開始。湿度が高く天気は多少ぐずついているものの、風はなく文句無しのチニング日和と言える。まず、デイチニングには定番のバイブレーション早巻きパターンを試してみる。ここ乙津川はシャローなうえに、川幅の狭いポイントが点在しているため、一口サイズの小型バイブレーションが使用でき、チヌが居れば答えが出易いポイントになる。

ルアーは基本、甲殻類を模してボトムをトレースした釣り方が一般的で、もちろんヒット率は高いのだが、そのイメージだけに執着せず、時には中層や表層も探ってみると、ある種偏食気味のチヌにもしっかりアピールすることができる。ただし、あまり難しく考え込んでいても始まら無いので「アタリが遠退いたら一度、大きくタナを変えてみる」程度に意識して貰えれば、きっと何かしらの変化に気づくはずだ。

そうこうしているうちに、また良型のチヌがヒットした。先ほどのキビレ同様40㎝を超えてくると、やはり引きは格別。足元まで寄せてきても、持ち前のトルクで気持ち良くドラグが滑り出す。ロッドがライトなだけにファイト中は、かなりスリリングだ。

日が落ちて来たら違う釣り方も試してみる。ソフトルアーを使ったチニングだ。バイブレーションがリアクションバイトを誘う釣りだとすれば、ソフトルアーは食性に訴えかける釣り方と言える。この釣りの強みは、何と言ってもサイズを問わず、様々な魚種が釣れてしまうこと。もちろん、それだけに外道となる他の魚も釣れやすくなるが、汽水域など、そのエリアにおいて、ある程度魚種が限定されている場合には、意図して2つの魚種を同時進行で狙う事も出来てしまう。使うのは市販のチニング用のジグヘッドに2インチ前後のソフトルアーを装着したもの。この時、ワームのセットに多少の煩わしさを覚えてしまうが、フックに対して必ず真っ直ぐルアーを刺す事を忘れてはならない。ソフトルアーの動きは、セット方法で決まると言っても過言ではないからだ。無論、ボトムを強く叩いたりチヌのアタリがあってもワームがズレてしまい本来の性能を十分に発揮出来なくなるので、釣りをしながらマメに確認しておきたい。

続いて動かし方だが、これも基本はボトムを取ったらゆっくりズル引くだけ。ただ、この「ゆっくりズル引く」というのが実は最大のキモで「ソフトルアーはちょっと苦手」という人に限って、無意識にボトムからルアーが浮き過ぎてしまっていたり、必要以上に大きな動きを与えていたりする事がある。できれば日が沈まぬうちに、どれぐらいのスピードで引けば、どれだけ動いて、どのようなアクションが生まれるのかを見ておくと、ナイトゲームでもバイトに繋がるイメージがしやすく釣果につなげ易い。また、応用編としてシェイキングやバンピングなどがある。これはチニングだけではなく、根魚やマダイなどを狙う場合にも、非常に有効な手段となるソフトルアー特有の釣り方だ。時には、インレットにルアーを送り込み、そのままラインを張りつつステイするだけで、ひったくる様にアタリが出る事もある。

ルアーのアクションがある程度把握出来る位まで慣れてきたら、タダ巻きだけではなく、色々な小技にチャレンジしてみても面白い。他にもミノーを使った釣りやトップウォーター、クランクベイトに至るまでチニングの釣りは幅広い。その一つ一つがゲーム性に富んでおり、様々な工夫を凝らして楽しめる最高のターゲットだ。チニングというカテゴリは多種多様な釣り方が存在する。手を替え場所を替え、柔軟な考えを用いて一つでも多く、自分の引き出しを駆使した釣り方が出来るか否かが釣果に差を生む分かれ道と言えるだろう。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード