TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

夏休みに手軽で「涼」を味わえるトップゲーム

2016年 7月 17日 12時頃

7月中旬、この時期から学校は夏休みに入ります。学生の私としては、毎年ワクワクでたまりません(笑)。こんな季節、皆様はいかがお過ごしでしょうか? さて、夏と言えばチヌのトップゲームですよね! 今回はそのチヌを釣るべく、大分の県境を流れる山国川に行ってまいりました!

7月17日、大潮。この日は朝の満潮時から下げ潮狙いで実釣スタート。満潮回りは潮位が高いので、近郊の小さな川へ入水することにしました。もちろんウェーダーを履いて入水します。タックルは7ftクラスの専用ロッドに2500番のスピニングリール。PEの0・8号に3号のフロロリーダーを組みます。ルアーは7㎝前後のペンシルベイトとポッパー。ポッパーは「ポコッ」、「ポコッ」というゆっくりめのアクションでチヌを誘います。ルアーの後ろにチヌがチェイスしてくれば、ルアーを止めてあげるとバイトに至ることが多くなります。しかし、ここでは全く反応がありません。少し時間が経ってから、本場所の山国川へ移動することにします。

着くと少し潮が引き、瀬が出ている状態。瀬が出るくらいがちょうどよく釣りやすいので問題はありません。こちらでも同じようにポッパーを投げると、ルアーの後ろに波紋が出ます。ルアーを止めると「バコッ!」と豪快なバイトと同時にラインが走り、ドラグが止まりません! 丁寧にヤリトリして上がってきたのは、44㎝のキビレでした!釣り上げたキビレをストリンガーにかけ、更なる釣果を求めてキャストを繰り返します。しかし、ルアーにチェイスしてくるだけでバイトに至らないようになったので、この場を見切って朝イチに行った川へ再び入水。同じくポッパーを投げると魚がチェイスして来たので、ポッパーの動きを止めた瞬間に「バコッ」っと豪快にバイト! ゆっくり釣り上げると、良型チヌでした!

こうして1日で40㎝オーバーを2枚キャッチすることができ、満足のいく釣行となりました。この時のチヌの引きがたまらなく面白かったので、後日また行ってしまいました(笑)。その日は堰下から45㎝のチヌが元気よくルアーに飛び付いてきて、2日間で40㎝オーバーを3枚と、非常に楽しく満足の行く釣行となりました。トップチニングは、これから10月くらいまで行けますよ。熱中症に充分に気をつけて、楽しいトップチニングに出掛けてみてはいかがですか?

豊前市在住/田島雅治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード