TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ヒラマッティの夏の夜釣り

2016年 8月 9日 10時頃

ヒラマッティの夏の夜釣り

88月9日、小潮。今年の夏は本当に暑く、連日外で仕事をする事が多い私は、とにかく日光に当たる事を避ける事ばかり考えてしまっています。しかし、このような状況でも釣りがしたいと思う心は変わらず、むしろ増大する一方で、この時期に釣れる真夏のターゲットであるケンサキイカ、アジ、イサキなどを釣りたいと妄想が膨らみます。

この日は幼少期より一緒に釣りをして共に育った弟が、フカセ釣りに再度興味を持ち始めたため、夏の夜釣りでは代表格のアジをターゲットに練習へと行ってきました。選んだ場所は常夜灯が灯り安全で、更には安定した釣果が望める臼杵フェリー乗り場です。早速準備に取り掛かります。まずは、フカセ釣りで重要なアイテムの1つ、マキエの作成です。用意したのは半解凍したジャンボ1角に対して、マルキユー「グレパワーV9徳用」を1袋。混ぜ合わせるコツとしては、ジャンボ独自の発光を損なわない様に、わざと混ぜムラを残すようにします。弟の仕掛けは初心者でも容易に使用する事ができ、更にはトラブルも少ない釣研「エイジアLC」の3Bと5Bを使用します。私は微妙な前アタリを感じながら楽しみたいので、釣研の棒ウキ「TーACE/3B」を使用します。準備したツケエは、色々な状況にも対応する事が出来るM〜LLサイズの沖アミが入っているマルキユー「堤防オキアミ」です。食い渋り時には小さな物を使用して、場合によっては同じ釣り方でチヌなども狙いたいなどには大きいサイズと、1つの製品で色々な条件に対応できるし、身持ちの良さも気に入っています。

ゆったりと準備をしていると夕暮れのアジ釣りタイムを迎えたので釣り開始。まずは大まかにアジの遊泳層を掴むため、私は中層〜低層部、弟は表層〜中層をと協力しあって狙う事にしました。マキエを打つこと数分、いつもと何か違う状況に少々困惑…。連続して4度の高切れが発生したのです。ツケエは即座に盗られる始末で、いきなり困惑です。正体を確かめてみると、近年見る事がなかった、何でもかんでもかじってしまう性質が悪いサバフグです(泣)。予想外の状況に移動する事を考えましたが、美味しい黄金アジが釣れるエリアなため、時間をかけて色々と対応してみる事にしました。結果としては、足下の引かれ潮の箇所にサバフグ軍団をマキエで釘漬けにして、15m 先の流れのある流芯部に仕掛けを投入すると、待望の黄金アジがヒットしました。弟に状況を伝え同じ方法でやってみると、竿を絞り込む魚体が掛かり、明らかにアジでは無いですが、数年振りに味わうヤリトリと感覚に自然とニンマリです。顔を見せてくれたのは、40㎝ 弱のチヌでしたが、フカセ釣りの醍醐味を味わえて気分を良くした弟は、勢いそのままに狙いのアジもしっかりと釣りました。

日によって毎回変わる遊泳層を見極めて狙うアジは、素直に釣れない事もあったりするのですが、それが逆に魅力的です。皆さんも夕涼みにアジを釣りに行かれてみてはいかがでしょうか?

8月16日、大潮。ルアーフィッシングが好きな三男に「何処かに釣りに行こう」と誘われたので、本誌の情報にもあったケンサキイカ釣りへと、数年前の状況を頼りに佐賀関の黒ヶ浜へと行ってきました。用意したタックルは、モイカシーズンの時にしか使用しなかったエギングタックルで代用です。エギは数年前に使用した2〜3号のイエロー系とピンク系の物を用意しました。夕暮れが近づくと共に、沖の方ではイカ釣り漁の集魚灯が灯り始めます。それと同時に私たちも釣り始める事にしました。砂浜からの釣りなので、ひたすら遠投しながら狙っていると、次男に待望のケンサキイカがヒットします。時合いは今と感じながら狙っていると、三男にもヒット。取り残された私…。

何が違うのかと歩みよって訪ねると、紫系のカラーにアタったとのことで、即座に同じ物に変更です。すると苦労する事なく素直に釣れて、ボーズを逃れます。これからだと意気込み狙いますが、漂流物のゴミなどに邪魔され、思うように釣る事ができなくなってしばらくの間休憩をとります。落ち着いた海に向かい、再度狙ってみますが、すでに時合いは過ぎ去っていました。こうなれば先程とは違う変化をと思い、エギを2号のピンク系に変更。すると立て続けに小さいケンサキイカをヒットさせる事に成功します。数釣りとはいきませんでしたが、カラーローテーションで、何とか釣る事が出来ました。皆さんも手軽に出来るイカ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

MFG九州/釣研FG東九州支部/GFG大分/平松 義洋・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード