TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鉄板バイズでヒラメ狙い 陸っぱりから60cm

2016年 8月 20日 13時頃

皆さんこんにちは。今年も8月が終ろうとしています。月日の経つのは早いものですね。それにしても、お盆を過ぎても暑い日が続いています。ニュースでは、北海道や関東の方で大型台風の被害に遭われた方もいるようです。本当に自然の力というのは、人間の想像を遙かに超えるものですね。もう少し平均的に雨が降ってくれれば、助かるのですが…。

8月20日、中潮。さて、今回はアジングやメバリングといったライトゲームではなく、食べて美味しく釣っても面白いヒラメを狙いに行った時のことを紹介したいと思います。この日、夕まずめに合わせてヒラメ狙いに、とあるポイントへと入りました。このポイントは、自分の立ち位置から5m先まで岩などがあり、そこを越えるとボトムが砂底になっているというヒラメ狙いには適した場所です。

ルアーは、鉄板製のバイブレーションを使います。ロッドは9ftのシーバスロッドに、リールは3000番のスピニングリールを使用。ラインはPEの1号に、リーダー3号という僕がいつもシーバスを釣る時のタックルです。ヒラメはシーバスタックルでも釣れるんです。鉄板製バイブを遠投し、ボトムをとります。1回、2回とシャクり上げてはボトムをとります。ヒラメ釣りの基本は、この繰り返しです。

ここでポイントとなるのは、
①ボトムは砂底であること。
②シャクり上げた後は、再びボトムをとるということ。

そして、このボトム付近をリフト& フォールさせていると、フォール中にガツっとアタリがありました! 素早くアワセを入れてラインを巻いてきます。あまり抵抗がなくすんなり上がって来ました。ソゲサイズ(30㎝未満)ではありますが、本命のヒラメです。このヒラメは小さかったので、すぐリリースすることにして、再びキャストし、同サイズをゲットしました。これもリリースです。

更に続いて狙います。誘い方は、同じくリフト&フォールです。4回ほど繰り返したところで、ガツっとまた良いアタリがありました! アワセを入れて巻いて来ると、今度は硬く締めているはずのドラグが「ジィーっ」と出て行きます。鉄板製のバイブは、プラスティック製のルアーに比べると重いため、フックが外れやすい傾向にあるので、慎重にヤリトリします。手前にはテトラがあるので、ラインを切られないよう注意しながら、ようやく釣り上げるのに成功。とても良い引きをしてくれたのは、目測で60㎝弱の良型ヒラメでした!

写真撮影をして、その後もキャスト繰り返しましたが、ここからはエソが3匹釣れて、ヒラメのアタリは無くなったので帰宅しました。ヒラメを狙っていると外道のエソが釣れることが多々ありますが、エソが掛かった時はプライヤーなどを利用してハリを外しましょう。くれぐれも直接素手で触るのは厳禁です。歯が鋭いので、手を切られてしまうこともありますので。今回は何とか3枚のヒラメを釣ることができました。狙って釣るのが難しいヒラメですが、砂底のポイントを見つけたらチャンスですよ。皆さんも鉄板バイブレーションで釣ってみませんか?

大入島在住/戸河光太・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード