TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋のライトショアジギング

2016年 9月 9日 15時頃

9月に入り朝夕の蒸せ返る暑さも台風と共に過ぎ、秋も刻々と深まってきた。今年も、もう3ヶ月足らずと考えると、時の流れの早さには改めて驚かされるばかりである。今年も釣りを通して沢山の人や魚との出会いがあった。この海は私達にとって、まだまだ未知数であり、人知の及ぶ所ではないだろうが、だからこそ釣りは面白く充実した時間を過ごせるのであろうと私は考えている。

さて、私にとって毎年恒例行事となっているこの時期一番のターゲットがいる。漢字で書くと「梭子魚」と書く魚。そう、カマスだ。カマスを釣ると秋がやってくる。と無意識に脳が記憶しているのか、どうも毎年この時期になると、この魚が頭をよぎって離れない。行動する際は群れで回遊して来るので、1匹でも釣れてしまえば、大体は数釣りが楽しめる。また、時間帯や潮位によって微妙に反応するタナやアクションが変化するので、その日のパターンをいかに速く見つけるかで釣果に差が出てくるゲーム性が高く非常に面白い釣りだ。これに加え、塩焼きや干物は大変美味であるのだから釣らない訳にはいかない。

用意するタックルは専用のものでなくとも代用が効く。大体の場合20〜30㎝位がアベレージサイズとなるので、基本的にはライトなタックルで十分だ。サイズを問わず根こそぎ釣りたい場合には、5g前後のメタルジグやジグヘッドなど小さめのリグを使う事になるため、少し固めのアジングロッドやメバリングロッド。バス用のフィネスロッドでもOK。グッドサイズを選んで釣っていく場合は10〜20g前後がキャストできるシーバスロットを使用すると丁度良い。また、シーバスロッドを使う事で、不意の青物などにも安心してヤリトリする事が出来るのもまた重要なポイントだ。次に釣り方についてだが、ジグヘッドにワームをセットして使用する場合には、基本アジングと同様、魚のいるタナまでカウントしリトリーブしてくるだけ。ただし、タダ巻きだけでは見切られるのも早いため、反応が少しでも遠退いたら少しジグヘッドに上下のアクションを加えてやると、再び食い気が戻る事も多い。

サイズを選んで釣る場合、シルエットを大きく目立たせるために20g程のメタルジグを使用すると良い。釣り方はソフトルアーとは違い、タナを事前に合わせる必要はない。通常のショアジギング同様、着底を待ちボトムに着いたら素早く底を切り、跳ね上げてアクションさせる。日中は割と小刻みなジャークを入れ、フラッシングを意識すると反応が良く、朝夕まずめ時の日が薄暗い時間帯は多少ゆっくりとしたリズムでもバイトがある。カマスは表層付近で最もバイトが多いのでピックアップ直前まで気を抜かない様にしよう。また、重たいメタルジグの場合それだけでラインにかかる負荷も大きくなる。多少強度に余裕を持たせたラインセッティングをオススメしたい。いずれも見切られない様にうまくアプローチさせるのが、数多くアタリを得るポイントだ。

9月9日、小潮。現在の津久見市四浦半島周辺では、まだまだカマスや豆アジが続釣している。これは、未だ海水温が高い事を意味するものであろう。津久見市周辺のカマス釣りは、地形とベイトの流れ方を把握していると釣り易い。これはカケアガリに沿ってベイトが流れるのを、後追いする形でカマスが捕食しているからだ。よって、好ポイントとなるのは陸から近い位置で、急な地形変化がある落ち込み付近など。

この様な場所を探せれば、わざわざ遠投する必要すらなくなると言った具合で、後はベイトが目の前を通り過ぎるタイミングでルアーを投入すれば、何かしらの反応は得る事が出来るだろう。ポイント選びがうまくいけば、釣れるサイズは27㎝から大きい物になると30㎝を超えるものも釣れる。今年は例年よりもずっと型が揃っていると皆一様、口にする通り脂乗りも良く丸々としたカマスが沢山釣れ続いている。仲間内で楽しめるのはもちろん、ファミリーフィッシングにも喜ばれる事請け合いだ。この日の最高気温は30℃。秋とはいえ、日中はまだまだ強い日差しが照り付ける。帽子などの熱中症対策を万全に、変わらず小まめな水分補給を行って安全な釣りを心がけていきたい。また、家族や友人と共に釣りに出掛けた際はくれぐれもゴミの管理に気をつけて、いつまでも楽しく気持ちの良い釣り場を作っていって欲しい。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード