TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

別府でチヌの数釣り

2016年 9月 16日 14時頃

9月16日、大潮。連続する台風の影響で、大分県南はウネリ続き。そのため折角の休日でもウネリで出港不能。そのため、大分市の坂ノ市一文字や別府一文字へ足を運ぶケースが増えているようだ。木村さんもその中の一人。別府市の釣具店でエサなどを購入し、国際観光港から出港する「勇漁丸」に乗り込み、別府一文字へ。この日は、釣具店で偶然に会った一文字の常連客・鳥越さんと一緒にチヌ釣りを楽しむことになった。

二人が釣り座として選んだのは一文字の中央部内側。「チヌはシーズンによって食性が変わる魚です。通常であれば外側や両先端部など潮通しのいい場所を選ぶのですが、夏から秋に関してはわざと中央部の内側を狙います。内側の方が、夏から秋にかけてチヌが捕食するエサが多いようです」と話す木村さん。当日の仕掛けは下図を参照。木村さんがプロデュースした釣研「プログレスチヌ/S2」をチョイスし、上から下までゆっくりとツケエを落とし狙うつもり。マキエには、チヌ用の集魚剤3袋と沖アミの生1角、ツケエには加工沖アミ生とネリエを準備している。

まずは、マキエを周到に打ち、釣りスタート。ここ別府一文字の内側で釣るコツは?との問いに、「まずは、足元10〜15mには一文字の敷き石があり根掛かりしやすいので、沖30m以上を狙うこと。そして、特に内側はフェリーの発着があるため、常に二枚潮になっています。それをどう攻略するかが釣果の分かれ目です」と木村さん。特に二枚潮は通常の釣り場よりも強い二枚潮になるため、通常の全遊動仕掛けや半遊動仕掛けではツケエとマキエの同調が難しい。できるだけウキを沈めるか、大きなガン玉を付けるか、「プログレスチヌ」のように二枚潮でも同調が可能なウキを使用するかで、釣果が大きく変わる。まずは、仕掛けを投入し、ゆっくりツケエを落とすことを心掛けながら、ツケエをボトム(底)まで落とす。それから抜きの動作(仕掛けを引き上げる)を入れ、再度ゆっくり落とすといったアクションを加えて狙う。手前にはスズメダイがチラチラ見えるが、沖へ出ていくことはない。沖はフグとコッパグロが多い模様。それでも、それほど気になるような量ではない。

フォールしていた仕掛けがいきなり弾けた! 竿の胴までのってきたアタリに、「来た!」と一言。竿の弾力を活かしながら、ゆっくりとヤリトリし無事タモ入れ。40㎝前後のコンディションのいいチヌだ。非常に食い気もあり、コンディションもいいと判断した木村さん。また、底周辺を集中的に狙うつもりであったが、コンディションがいいことと、エサ盗りがそれほどでもないこと、中層でもエサが突かれている様子などを考慮し、もっとゆっくり仕掛けを落とす作成に切り替える。

それまでは、1m沈ませるのに10秒ほどだった速度を、60秒かけて仕掛けを沈めるといった方法に切り替える。仕掛けを張りながら、でも手前に寄せないように、ジワジワと送り出す微妙な調整で、仕掛けの沈下速度を調整する木村さん。案の定、中層でもアタリが出るようになり、気づけば、次々と竿を曲げ始めた。隣で釣っていた鳥越さんも、負けず劣らず竿を曲げ、「勇漁丸」の船長もビックリするような釣果を上げ、初秋の別府一文字を楽しんだようだ。

別府一文字の攻略法…一文字の釣りを終えた木村さんに、これから同地でチヌ釣りを楽しむ方へのアドバイスを伺った。「私の場合は、まずチヌの食性を考慮した釣り座選びからスタートします。前述したように、季節によって食性が変わるチヌが、その釣り場のどこに溜まっているかを予測し、それから竿を出します。また、今回もそうですが、チヌが釣れ始めると、潮が変わったわけでもないのにアタリが途切れることがあります。そのため、釣れていようが釣れてなかろうが、ツケエをローテーションさせながら、チヌを飽きさせないように狙っています。最後が一番重要なのですが、やはりフカセ釣りで狙っている場合、ツケエとマキエがある程度同調することが重要です。特に今回の別府一文字の場合は、二枚潮になっていることが多い釣り場なので、どうやって二枚潮が攻略するかが重要です。軽い仕掛けでウキ毎沈めて釣るか、逆に重たい仕掛けで二枚潮の影響を消すか…。そういった仕掛けの工夫が必要だと感じます。この日のようにチヌのコンデションがいい日には、上から下までどこでもアタリがあります。その日のタナを捉えて狙うことを重要だと感じます」(木村さん)。

まだまだこれからチヌの数釣りシーズンとなる別府一文字。木村さんのアドバイスを参考にしながら、元気のいいチヌの数釣りを楽しんで欲しい。

写真提供=勇漁丸TEL090・6893・6860

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード