TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : たーぼ

Residence : 大分県由布市

Club : レッドライン

Pride : チヌ シーバス

石巻落としフカセのススメ

2016年 9月 28日 16時頃

9月28日、中潮。満潮は午前6時半頃。最近の天候不順はノーサンキューですが、朝一番から引きの潮は大歓迎。とはいえ、台風一過の先週も、また先々週もアジ一色、ここのところマダイの姿を見ていません。今日も日和からすればアジが主流となりそう。なので、石は大60・小20の計80 個。プラスサヨリ&ハゲ仕掛けを用意して、いざ出陣!暗がりの中、港に着くとすでに3 台の車。そして、小生に続いてさらに2台。雨を敬遠して様子見の客が多いとのことでしたが、そこは釣り人の性、今朝集結した9名は、一度決めたら少々のことでは引かない方々ばっかりだったようです。釣況や空模様など、たわいのない話をしていると「今日もよろしくお願いします」の声と共に船長のおでまし。各人に帰りの時間を確認してカセを指定、荷物の積み込みを指図します。

沖にはすでに3隻が係留されているので、船長の舟と両舷に繋いだ2つのカセに分乗して出港。もやい綱が解かれ港内を出て、船首が沖に向いた時の気分は最高! そして、いつも新鮮です。たとえ不釣が続いていても全く関係ありません。その心の内を覗いて見れば、「前回はダメでも今回はきっと釣れる、自分には釣れるはずだ」という、切なる願望とまったく根拠のない自信に満ち溢れていることでしょう。

さて、釣況。まずアジは間違いなく釣れそう。マダイは運というか日頃の行い次第。さらに運がよければサンマ級のサヨリが姿を見せるかもといったところ。で、釣り座。小生は相乗りで1番、2番にTさん、3番にOさん、4番に3人組、さゆり丸に2名。この9名が、いつ降り出してもおかしくはない空模様の下で釣り開始です。時刻は6時半、果たして納竿時に微笑むのは誰?

聞いてビックリポン、相乗りさせていただくことになった御仁は、楠屋で一番上手な釣り人と誰もが認めるK さんの縁者とのこと。道理でタックルが同じなら二刀流も同じ。手も早い! 開始早々、いきなり手の平大のマダイをゲット。負けじとばかりに気持ちを引き締めて小石を投入。流れは緩やかに右方向。潮変わりの時間帯ということもあって20m から流し始めますが、30m になり、40mになってもノン・アタリ。

見た目には緩やかながら、実は結構強い右流れの潮であることも判り、50mも流したのでそろそろ回収と思った時、待望のアタリ! 竿先をクッと曲げました。すかさずアワセると竿に乗り、グーッと絞り込みます。手に伝わる感触からすると、アジではなくマダイのようです。しかし、絞り込むことはあっても、リールの逆転を求めるような強い引き込みがありません。小さいのかチヌなのかと思っていたところ、上がって来たのはチヌでした。チヌ&ヘダイは我が家におわします山ノ神非公認。なので、即リリースです。と、ここで、かの御仁から「誰か持って帰るかもしれんで」の一言。言われてみれば確かにそうです。それで、次はとりあえずスカリにご案内することにした次第。また、開始早々の順調な滑り出しはこの上ない好釣果を約束するものと確信はしても、次のアタリがはるかに遠く、未曾有の貧果を味わうことになろうとは夢想だにしませんでした。

厳しい現実が待っていました。まずは、二枚潮。本来であれば左方向であるべき流れが右方向に、しかも強く流れるのです。大き目の小石でさえ右に流されながら沈下していきます。底まで数メートルという40mの位置で始まった竿先のリズミカルな動きが止まるやラインが右に流され海面との角度を浅くします。しかし、底潮は左流れなのです。これではマキエとの同調など望むべくもなく、アタリが遠退くのも至極当然のことです。次に、魚影が薄い。以前、二枚潮で悩まされた時は、竿先の動きが止まりラインが流され始めるまでのわずかな間にアタリを捉えることができました。多分、魚影が濃かったからだと思います。今回同様に対処してもアタリを導けなかったのは、その時よりも魚影が薄かったからだと思うのです。事実、9名が誰かしら竿を曲げているという状況は皆無で、ポツーリポツーリのアタリしかありませんでした。

本来のフカセ釣りができず魚影も薄いという中で貧果は当然ですが、救いがありました。それは、サヨリ。なぜかしら、列をなして群泳するサヨリが姿を見せたのです。これを釣らない手はありません。竿袋に忍ばせたノベ竿を取り出し、ハエ釣り仕掛けをベースにした仕掛けをセット。小さめの沖アミを半分にして頭部をハリ付けして投入。竿は舷側に置いたままのいわば放置プレイ。そして、ハリに近い固定したシモリ玉とフリーのシモリ玉が離れたらピシッと強くアワセます。こうして30匹余りをゲットしました。

それにしても、未曾有の貧果。型や数はともかく釣れないことなどあり得ないと思っていたアジがまったく釣れず、マダイはマダイでも赤くないマダイに終始した一日。スカリに案内したチヌ& ヘダイは引き取り手がいなかったので、写真に収めた後リリース。元気に竜宮に帰っていきました。また、本日の竿頭は10匹ほどのアジを釣ったOさん。かの御仁は、その後ハゲ仕掛けでイトヨリをゲットして早めの納竿でした。今回はひどい目に遇いましたが、次回はきっと好釣果。竜宮ならぬ楠屋の姫の計らいで、久しぶりに大型の赤いタイタイがヒットする気がします。

HN/釣り一番・記
それにしても、未曾有の貧果。型や数はともかく釣れないことなどあり得ないと思っていたアジがまったく釣れず、マダイはマダイでも赤くないマダイに終始した一日。スカリに案内したチヌ& ヘダイは引き取り手がいなかったので、写真に収めた後リリース。元気に竜宮に帰っていきました。また、本日の竿頭は10匹ほどのアジを釣ったOさん。かの御仁は、その後ハゲ仕掛けでイトヨリをゲットして早めの納竿でした。今回はひどい目に遇いましたが、次回はきっと好釣果。竜宮ならぬ楠屋の姫の計らいで、久しぶりに大型の赤いタイタイがヒットする気がします。

HN/釣り一番・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード