TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

そろそろ旬!メバリングスタート!

2016年 10月 17日 14時頃

Z的な釣り日記最近、めっきり寒くなってきましたね。特に朝晩は、めちゃくちゃ寒いですね。こう寒いと夜釣りは辛くなります。でも、今から楽しいターゲットが釣れ始めますね。そうメバルです! メバルは「春告魚」ってイメージですが、今からが旬な魚です。出産に向けてエサを食べるために、浅場に接岸してきます。エサを食べに来ていますから、結構簡単に釣れるのです。では、簡単に釣れるメバルを簡単に釣ってみよう! それでは、メバリングスタートです!

「私の好きなタックル」

ロッド=7・6ftくらいのペランペランに柔らかいソリッドロッドリール=2000番クラスのシャロースプールのリール(軽ければ軽いほど好き)ライン=PE0・3号くらいの細すぎず太すぎずなライン(最近細すぎるラインは夜にノットが結べないので)私の愛用は、ラパラ「ラピノヴァXマルチゲーム/0・3号/7・2lb/150m/ライムグリーン」ジグヘッド=0・4〜1・5gくらい(表層からボトムまで対応)ワーム= ピンテール( 黄色、白、ピンク)「私の好きなポイント」①常夜灯周り②足場の良い漁港③潮通しの良い漁港④藻場⑤テトラ周り⑥沈み瀬など、まぁこの時期なら常夜灯があれば、結構釣れるかな。

「私の釣り方」

①0・4gジグヘッドで表層をゆっくりリトリーブ。キャストして、すぐにリールを巻きます。
②1・0gジグヘッドで中層をゆっくりリトリーブ。キャストして3〜5秒ほど数えてからリールを巻きます。
③1・5gジグヘッドでボトムをゆっくりリトリーブ。キャストして、ジグヘッドがボトムまで落ちるのを待ってからリールを巻きます。
④1・2gジグヘッドでドリフトリトリーブ。潮の流れの速い場所で、キャストして潮に馴染ませてからリールを巻きます。

「私の遠投」

①フロートリグに0・4gジグヘッドで表層をゆっくりリトリーブ。沖の藻場や沈み瀬を狙います。
②1・5gのスプリットに0・4gジグヘッドで表層中層をゆっくりリトリーブ。常夜灯の境目等を狙います。「私の誘い方」基本リトリーブ。バイトがあってもリールを巻き続ける。

しかし、活性が低く食いが悪い場合は、バイト後に軽いトゥイッチ。リトリーブ→バイト→軽いトゥイッチ→リトリーブ。あくまでリトリーブ主体でトゥイッチは軽く、回数を少なくです。アジングの場合は、ガンガントゥイッチしますがね(笑)「私の数釣りの方法」

①1匹釣れたら、同じポイントにキャスト。メバルは群れで居るから、同じポイントで釣れ続けます。
②ワームのカラーチェンジ、レンジ、キャストポイント等やれるだけやって釣れなければランガン。やっぱりランガンでしょう!

「私の男の料理」

①メバルの煮付け定番の美味しさですね。
②メバルの刺身25㎝以上なら刺身でしょう。釣り人の特権の刺身はめちゃ美味です。
③メバルの唐揚げ案外唐揚げもいけますよ!って事で、これから面白くなるメバル。皆さんも是非釣りに行ってみてください。

Text & Photo by アジンガーZ

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード