TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

坂ノ市一文字でクロ、チヌ、アジ

2016年 11月 12日 17時頃

読者の皆様こんにちは!早いもので、11月も後半に差し掛かり、朝夕は寒くなって外出するのをためらう時期がやってまいりました。この時期になっても、磯での好釣果情報を聞かないため、とにかく竿を出したいということで、いつも通り坂ノ市一文字に釣行してきました。

11月12日、中潮。朝の冷え込みを避けて、8時前にH氏、T氏と大在公共ふ頭で待ち合わせ。8時便で坂ノ市一文字を目指します。本日は最近好釣のクロ狙いで、縦一文字を目指します。いつもは地側を選択するのですが、灯台側でクロやアジが出ているとのことで、灯台の手前に降りてみます。土曜日ともあって、程良い間隔で釣り人が竿を出しており、この日は風も無く、少し肌寒い中1投目で釣れそうな雰囲気が漂います(いつも、そう思っていますが)。早速、マキエを作りますが、本日はチヌ用集魚剤にパン粉を4㎏を混ぜた低価格で準備できるマキエで始めます。灯台付近の先客は、定期的に竿を曲げており、釣れる気満々。私はクロ狙いのため、外向きに竿を出します。タックルは「黒斬/0号」に道糸が1・5号、ハリス1号、ウキが0 号、ノーガンでウキ止めをセッティングします。

水深5〜7m超で仕掛けを固定し、朝一はこのタナを狙います。マキエを打つと、潮は右から左に流れており、なかなか良い潮加減。9時に第1投目!マキエは竿1本先の一定箇所に打ち、仕掛けと同調させながらアタリを待ちます。しかし1投目は空振り。仕掛けを回収すると、ツケエは残っており、そのまま同じラインを流していきます。数投目、ウキが勢いよく海中に吸い込まれます。すばやくアワセを入れて上がってきたのは、20cm程度のクロです。

その後も同じパターンで20cm超のクロを数枚釣ったところで、潮が次第に速くなります。仕掛けが狙いのタナまで届いていないようなので、ガン玉G7 をハリス中央に追加します。同時に狙うタナを少しずつ深くしていき、サイズアップを図ります。そんな中、同行していたK氏の竿が大きく曲がっており、釣り上げたのは40cm程のチヌ。浅いタナでチヌが釣れており、活性の高さが分かります。

その後もバリ、マダイ(手の平サイズ)等、何かしら釣れて竿を曲げてくれます。その頃、マキエにクロの群れが確認できるようになります。中には大きなクロも交じっており、テンションも上がります。仕掛けを替えて数投目、強烈なアタリが突然やってきますが、アワセを入れた瞬間に道糸から飛んでしまいます(泣)。仕掛けを回収すると、道糸とハリスの直結部分から切れており、すごく残念…。ハリスを1・5号に変更し、気を取り直します。その後は足の裏サイズが数枚釣れ、飽きない程度に楽しませてくれます。

時刻はお昼を回って14時、外向きにゴミ溜りが流れて来たため、内側に釣り座を移動し、クロ釣りからチヌ釣りに変更します。マキエにチヌ用集魚剤+沖アミ生1角を追加し、仕掛けにもガン玉G5・G7段打ちして仕切り直します。内向きではアジがポツポツと釣れ出し、底付近でアタリが頻発します。同行していたT氏はアジを狙っており、コンスタントに足の裏サイズのアジを掛けていきます。その中に40cm弱のアジも交じっており、このサイズは波止ではあまりお目に掛かれないサイズです。

それを見て私もアジ釣りに変更しますが、フカセ釣りでアジを狙うと中々難しく、奥が深いと実感しました。気付けば時刻は納竿時間30分前、最後までお土産のアジを狙い、午後4時30分に納竿。今日も一日楽しませてくれました。坂ノ市一文字は、まだまだ色々な魚種が歓迎してくれます。読者の皆様、釣り方次第では、まだまだ一文字で楽しめるのではと思いますので、機会があればチャレンジしてみてはどうでしょうか?

HN/黒坊主・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード