TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

小池港のチヌ釣り

2016年 11月 12日 14時頃

11月12日、中潮。朝晩の気温もかなり冷えてきて、秋チヌが気になってきたので釣行してきました。同行してもらったのは、いつもチーム鬼掛でお世話になっている小原さんです。とりあえず国東方向に走り、小原さんオススメの小池港で竿出しすることにしました。現地に着いてみると、風も無くぽかぽかして過ごしやすい状況です。釣り場に着くなり、準備に取り掛かります。今回用意したマキエは、沖アミ生1角にマルキユー「チヌパワームギスペシャル」、「チヌベスト」を各1袋を使用しました。ツケエは同社の「くわせオキアミスーパーハード/L」を用意。ハリは遠投してもツケエが取れ難い鬼掛「競魂チヌ/2号」を使用しました。

まずは足下にマキエ打って海の中の様子を伺いますが、魚は何もいません。潮はかなり速く右に流れています。約25m先にポイントを作ってみることにします。すると小原さんの竿が大きく曲がります! とても綺麗なヤリトリで浮いて来たのは、35cm級のメイタです。うらやましいと思いながら私も仕掛けを打ち返していると、ウキがスパッと消し込むアタリが出ました! 何度かテトラに突っ込まれましたが、無事に浮いて来たのは30cm級のメイタでした。秋のメイタはパワフルで、小型でも十分に引きを味わうことができます。

同じように狙ってみると、20〜30cm級のメイタがぽつぽつと釣れ続けます。ここからはサイズアップを目指して、ひたすら仕掛けを打ち返します。すると右に流れていた潮が、ゆっくり左流れに変わった瞬間、手元までひったくるアタリ! すかさずアワセを入れると、かなりの重量感が手元に伝わってきます。今までとは格段に違う引きで、何度もテトラに突っ込まれましたが、何とか上手く釣り上げて45cmのチヌをゲット!久しぶりの良型チヌは、やはり嬉しいものです。

そして十分に秋チヌの数釣りを楽しんだ私たちは、午後4時に納竿としました。国東半島のチヌは、まだまだ楽しめると思いますので、皆さんも釣行されてみてはいいかがでしょうか?

チーム鬼掛大分支部/古庄海・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード