TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋の亀川漁港でホゴ釣り

2016年 11月 19日 16時頃

皆さんこんにちは。今年は例年に比べると暖かい感じがしますね。皆さんはいかがお過ごしですか? 僕はのんびり過ごしています。 受験なのにのんびりしていてはダメですね(笑)。さて、今回は根魚を求めて亀川漁港に行きました。

11月19日、中潮。この日は、明け方まで雷を伴う激しい悪天候にみまわれた大分県。雷が鳴り響く中、今後の天気を確認しながら親父の運転で別府方面へ車を走らせます。午前7時過ぎに日出辺りに来たところで雨は上がり、雷も鳴らなくなったので迷うことなく亀川漁港へ。着いて海を見回すと、流石に雨の影響で釣り人はいません。潮は干潮で上げ潮になる時間を狙うつもりで、タックルをセット。今回はゴールデンミーンのメバリングロッド7ftに、シマノ2000番小型のスピニングリール。ラインはサンライン「スモールゲームPE/0・3号」に、リーダーはフロロカーボン1号を使用。ジグヘッド1gに目視しやすいカラーのワームを使用するという感じで釣りを開始。釣り方は、堤防際の壁を沿うように底からリグを黙視できるくらいの位置のレンジまで探る方法。今回のメインターゲットはホゴ。ホゴは堤防際の壁にへばり着いているので、居る近くにリグを通すと必ずバイトしてきます。目視できるレンジでは、当然バイトの瞬間も見えるのでたまらなく面白いのです。

早速、釣りを始めますが、不運な事に最速ライントラブル(笑)。10 分程かけてようやくトラブルを解消し、釣りを再開。すると隣で釣っていた親父が幸先良くヒットします。本命のホゴです。釣れたので水汲みバケツに水を入れてキープ。堤防をランガンする時は、キープしやすい水汲みバケツがオススメですが、あまり水を入れすぎると持ち運ぶ時に重たいので、魚の背ビレが出ない程に入れると良いでしょう。少しすると、今度は僕にヒット!ホゴと確信し釣り上げると、まさかの外道ベラでした(笑)。最速リリースし、リスタート。3〜4投繰り返すとアタリがあり、アワセを入れて釣り上げると次は本命のホゴ。ここから漁港の堤防を行ったり来たりの繰り返しで、テンポよく探っていきます。釣りを続けること2時間が経過し、気付けば水汲みバケツにホゴが一杯になっていました。多すぎるのもアレなので、何匹かリリースすることにし、その後釣れたホゴは、すべてリリースしました。


午前中、亀川でしっかり釣りを楽しんだので、その後は別府市街地へ行って昼食をとりました。午後からはどうするか親と話し合い、別府にあるうみたまごに行くことに決めます。5年振りのうみたまご! 着いてみるとやはり休日とあって人が多いかったです。ゆっくり見物して帰りました。別府へ釣りに来た時は、うみたまごに寄って遊んで帰るのもいいものですよ。

今回はホゴがメインの釣行でしたが、日出〜別府湾ではナイトゲームでメバルやアジが狙えるようになっています。特にメバルは、これから冬に向けてがシーズン! 本格的に寒くなって来るので、防寒対策はしっかりして釣りに行きましょう。ライトゲームタックルを揃えて別府に行ってみませんか? 楽しい一時を過ごせますよ!

豊前市在住/田島雅治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード