TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

地元臼杵で2連続エギング

2016年 11月 26日 20時頃

11月26日、中潮。今年も残すところ1ヶ月を切ってしまいました。例年であれば寒くてたまらない季節ですが、今年もエルニーニョ現象の加減からか、暖冬と言われている事を多く耳にしています。アウトドアの代表格に値する釣りは、暖かい方が動きやすくて良いのですが、海水温がまだまだ高く、個人的な季節感は予測不能で狂っています(笑)。

この日、私が住んでいる地域の臼杵湾の目ぼしいポイントへエギングタックルを持ち出し、出撃しきました。まず、選択したポイントは通い慣れた「中津浦港」です。波止の先端部は、常夜灯が灯りモイカのエサになる小魚などが集まりやすく、潮通しも良い人気のポイントです。次に穴場とされているポイントは、波消ブロックと防波堤の境に位置する付近のポイントです。外灯などはありませんが、海底が岩礁と砂利浜で形成されているためか、時に驚くような良型がヒットします。

当日は、釣り人も少ない状況でしたので、同行してくれた弟たちと別れて、各ポイントの様子を探ってみました。そして、すぐにヒットさせたのは、三男でした。モイカ特有の締め込む引きを堪能して海面へ浮かせたのは、良型のコウイカでした。モイカでは無かった事に少々残念そうですが、塩焼きにすると美味です!続いてヒットさせたのは二男です。連続してヒットとなったのですが、どちらも小さいモイカで、3・5号のエギと変わらない寸法でしたので、即座に海へと帰っていただきました。いつものパターンでは、次に私(長男)となるはずですが、予想よりも早く雨が降り始めたため、後ろ髪を引かれる思いで、渋々の納竿となってしまいました。

11月30日、大潮。前釣行記のナイトエギングの悔しい思いも残しつつ、この日は潮見表に穴が開くほどしっかりと伺い、更には夕まずめに的を絞って出撃してきました。選択したポイントは、長目半島の北側に位置する「深江の地磯」です。到着すると、すでに沖に位置する中バエ方向へ向けて、本命の満ち潮が流れています。いかにも釣れそうな雰囲気を見つめながら、取り出したエギは、デイゲームでもヒットの確率が高いと感じているグリーン系です。そして沖に形成された潮目にダイレクトに投入してボトム付近へアプローチしてみると、1投目から幸先良く満足な型がヒットします。

同じ要領で再度探りますが、エギを追い足元までは来るものの、ヒットには持ち込めず…。そこでエギのカラーローテーションをすることにしました。グリーン→ブラウン→ オレンジ→ ピンク→ ブルーと変化させて、全てボトム付近のアプローチで拾い釣りをする事に成功です。釣果としては、個人的に満足していましたが、モイカが、まだ何かを警戒していると推測し、試しに3 〜4 回エギをシャクリ上げた後のホールしている最中に、手元のラインを手に取りエギに生命感を与える様にアクションを加えると、静寂を打ち破る連続ヒットに持ち込む事が出来ました。その後は急いで家族の待つ我が家へと帰宅し、モイカのフルコースとまではいきませんが、家族全員で臼杵湾の恵みに感謝しながら、色々な食味を楽しむ事が出来ました。

釣研FG東九州支部/MFG九州/GFG大分/平松義洋・記
同じ要領で再度探りますが、エギを追い足元までは来るものの、ヒットには持ち込めず…。そこでエギのカラーローテーションをすることにしました。グリーン→ブラウン→ オレンジ→ ピンク→ ブルーと変化させて、全てボトム付近のアプローチで拾い釣りをする事に成功です。釣果としては、個人的に満足していましたが、モイカが、まだ何かを警戒していると推測し、試しに3 〜4 回エギをシャクリ上げた後のホールしている最中に、手元のラインを手に取りエギに生命感を与える様にアクションを加えると、静寂を打ち破る連続ヒットに持ち込む事が出来ました。その後は急いで家族の待つ我が家へと帰宅し、モイカのフルコースとまではいきませんが、家族全員で臼杵湾の恵みに感謝しながら、色々な食味を楽しむ事が出来ました。

釣研FG東九州支部/MFG九州/GFG大分/平松義洋・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード