TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

春の姫島攻略!ダイワNEW ロッド「銀狼エア」登場!

2010年 4月 24日 14時頃

チームダイワグレの堂園剛志さんは、午前6時20分発のフェリー(伊美港発)で姫島に渡り、マイカーで西浦波止へ移動。西寄りの風があるが、辛うじて竿出しできそう。正面からの風に負けない様にマキエを入念に練り込み(配合は左頁参照)、仕掛けの準備へ(仕掛け図参照)。ロッドケースから取り出したのは、この春ダイワから新発売された「銀狼エア/0・4号」。

「地元周辺のチヌ釣りでは(豊後高田市)、30〜40㎝級主体です。小型のチヌとのヤリトリを楽しめて、細仕掛けで遊べる竿が欲しかったのですよ」(堂園さん)。

固めたマキエを遠投すると、煙幕を出しながら海底に沈下する。まずはタナを、竿1本と2ヒロに設定し、仕掛けを投入。ウキはゆっくりと四国方向へ流れ、チヌの出そうな雰囲気だと思っていると、ウキがゆっくり沖に引き込まれた! 糸フケをとり、穂先に意識を集中。穂先がグゥーッとしなった瞬間、コツッと手元にチヌが本食いしたアタリが伝わった! 即座にアワセを入れて竿を起こすと、胴から竿がひん曲がり、竿先をコツコツとノック。竿をためると、徐々にチヌが浮き上がった! チヌの頭をこちらに向けさせると、ダイワのリール「トーナメント競技」で一気に巻き込んで寄せてタモ入れ。型は40㎝弱のまずまずのサイズであった。

「竿が細身で、とにかく軽いです。0・4号の柔らかい竿ですが、思ったよりも張りがあって取り回しがよいですね。ウキが沈んでからのアタリを見るのに、穂先が高感度で非常に分かりやすいです」(堂園さん)。しばらく仕掛けを打ち返していると、マキエの帯の下でチラチラとチヌが見え始めた。ここで全遊動に変更し、上層から底まで探る作戦へ。マキエを投入し、海面付近でマキエの帯が拡散するのを確認してから、仕掛けを投入。潮の流れに合わせて糸を送っていると、ウキが馴染んですぐに、引ったくられる様に底へ引っ張り込まれた。即座にアワセて釣り上げたのは、30㎝大のメイタ。その後はお昼前の潮止まりまで、同型が活発であった。

「半遊動で狙っている時から、海面近くまでチヌが湧き上がるのが見えていましたが、深い方が大型が当たるだろうと思っていました。しかし、ツケエを盗られないので、見えているチヌ狙いへ変更。型が小さかったですが、十分遊べましたね。次回は、45㎝以上のチヌをこの竿で掛けたいですね」(堂園さん)。気温が上向くに従って、波止ではチヌが活発化します。チヌとのスリリングなヤリトリを、「銀狼エア」で楽しみませんか?

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード