TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ハゼ釣り

2009年 10月 31日 0時頃

知人から大分でハゼがよく釣れていると聞いて、今が旬のハゼを初めて釣ってみようと、丹生川に向かう。河口付近で竿出ししてみようと、市内から40m道路を佐賀関方面へ走らせ、現地に着くと干潮前の正午。周りには誰も釣っている人がいない。初めての釣り場に誰もいないというのは、多少心細い気もするが、とりあえず仕掛けの準備に入る。

今回は取り回しのよい、エギングロッドを使用。事前に釣具店で購入した中通しオモリ8号と、ハヤブサ「投げキス・カレイ天秤式ベーシック2本鈎/8号」を付けて簡単に準備完了。ツケエのゴカイを付けて(この取り付けが慣れない…)、チョイ投げで川の中央付近に第1投。少し手前にサビいていくと、いきなりビビッとアタリが来る。しかし、何だか変なアタリ。「ハゼってこんなアタリなのか?」と、ゆっくりリールを巻いて釣り上げると、2本バリ両方に掛かっていたのはクサフグだ…。「う〜ん、クサフグだらけか?」と試しにもう1投してみると、またもやクサフグ…。これはダメだと瞬時に判断。もう少し上流に行ってみようと、197号線沿いの丹生川上流へ移動する。

ここでは2人の釣り人が対岸で竿出ししていた。狙いはどうやら同じハゼ。遠くて釣果は分からないが、釣り人を見つけて少し安心。早速自分も竿出し開始。しかし、3投しても反応がない。しかも根掛かりが多くて仕掛けが切られる…。釣り方が間違っているのだろうか? と、少し不安になる。次の投入で反応がなかったら、また場所を移動しようかなと思っていると、竿先にビビッとアタリが来た。明らかにさっきのクサフグとは違うアタリ。手前に寄せると待望のハゼだ。サイズは15cm程だがようやく来た本命に一安心。

やっているうちに、どこで根掛かりするかも分かるようになったし、着水の時に少しだけサミングして手前に引くと、仕掛けが絡みにくいことも分かりトラブルも少なくなった。また、ハゼの場合はキスよりサビくスピードを落としていい(ほとんど動かす必要もない)と、事前にアドバイスをもらっていた事を思い出し、それを意識し始めてからは1投毎にヒット。仕掛けを着水させてから、絡み防止のために少しサビけば、後はほとんど動かさずに待っていた方がアタリは多い。また、ゴカイは面倒でもマメに付け替えた方がハゼの食いは良かった。

一度釣れ始めてからは、ダブルヒットも含め、1時間で10匹以上のハゼを釣る。しかし、調子が出て来た時に、エサのゴカイがなくなったので納竿。「ゴカイは多めに買っておいた方がいいな」と後悔。しかし、ゴカイの付け方も慣れて手返しも早くなったし、本命も釣れたので満足の釣行となった。

納竿直後、自分が釣っていた場所に、ハゼ釣りに来た親子の姿も見えた。丹生川では旬のハゼが大人気。ライトタックルで、短時間での釣果が期待できるのがうれしい。持って帰って天ぷらにしたら酒のツマミに最高でした。

また時間を見つけてハゼ釣りに行くぞ! 次回の目標は、20匹超えだ!

筆者のタックル

道糸:ナイロン1.5号

仕掛け:ハヤブサ 投げキス・カレイ天秤式ベーシック2本バリ/8号

つり太郎WEB内を検索

バーコード