TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

残暑のは波止グロを狙え!

2019年 9月 15日 13時頃

9月15日、大潮。夏の暑さも和らぎ過ごしやすくなって来たこの日、久しぶりに四浦半島の波止にクロ釣りの練習に行って来ました。今回は単独釣行という事もあり、昼過ぎからゆっくりと準備をして夕まずめ狙いです。

マキエは沖アミ生3角に、いつも愛用しているマルキユーの「グレジャンボ」をベースに「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」を各1袋配合し、遠投が効くように丁寧に混ぜ合わせました。

仕掛けは、竿・がまかつ「マスターモデル口太II/M・50」に、道糸はサンライン「ビジブルフリー/1・5号」、ハリスも同社の「ブラックストリーム/1・5号」とし、ハリはがまかつ「ファイングレ/5号」をセット。夏の海の波止という事で、ウキは浅いタナを想定し、7mのロングハリスの中に釣研「エイジアマスターピース/01」を通し、からまん棒からハリまでを1ヒロに設定して開始しました。

先客の方に挨拶がてら状況を聞くと、コッパグロやゼンゴが多く中々良型がアタらないとのこと…。早々に準備を終わらせ、釣り開始です。まずは15m程先にマキエを入れると、案の定、海面が盛り上がるほどコッパグロの大群です!とりあえずマキエの中に仕掛けを入れると、すぐにアタります!上がって来たのは手の平ほどのコッパグロです。次の1投は30mほど遠投します。しかし、上がって来るのは、やはり手の平サイズのクロ…。

その後もアタるのは、コッパグロにゼンゴ、サバ子、メッキアジなど夏の魚達ばかりです。ここで、左右遠近と4ヶ所ほどポイントを作り、交互に釣り分けていきます。すると、コッパグロの中にキーパーサイズが交じり始めました。キーパーサイズが釣れるとなると、30cmオーバーも釣れる可能性が高くなります!

そこで、しばらくマキエを打ちながらクロの動きを観察します。すると、コッパグロに交じって30cmクラスが確認できるようになってきました。さらに型の良いクロは、マキエが着水した瞬間に食い上がって来ています。小さなクロに比べて遊泳力のある良型が1番にマキエに突っ込んで捕食している様です。そこで、先程の様に4ヶ所をローテーションしながらも、できるだけマキエと仕掛けを同時に投入する様にタイミングを合わせると、いきなりアタります!今までにない重量感を感じながらも、瀬が点在しているため強引にヤリトリして、タモに収まったのは、35cmクラスのクロです!いきなりの良型に驚きながらも、次を狙います。

しかし、さすがにそう簡単には続かず、ポツポツとキーパーサイズを拾い続けることになります。すると、足元に40cmクラスのクロが見え始めます。とは言え、これが簡単に釣れるはずもなく、しばらく大きなアタリが無いまま時間が過ぎます。そして日が傾き始めた頃…、急に今までに無いスピードでウキが吸い込まれます!すかさずアワセを入れると、瀬に向けて一直線に走り始めます!何とか1度目の突っ込みを避わし、姿を見せたのは40cmオーバーのクロ!しかし、中々浮いては来ず、2度目の突っ込みで残念ながらバラしてしまいました。どうやら瀬ズレしていた様です。流石に夏のクロは良く引きますね…。

すぐに気持ちを切り替えて次を狙いますが、これ以上40cmオーバーは掛からず、30cmクラスを数枚追加した所で日が暮れてきたため納竿としました。この日は9月中旬の波止ということで、小型の数釣りを想定していましたが、予想外の良型がアタリ、満足の行く釣行となりました。これから秋→冬に向けて更に状態は良くなると思われます。また、水温の高い時期では朝まずめや夕まずめの時間帯に良型のアタリが集中する様です。過ごしやすくなって来たこの時期、皆さんも手軽に行ける波止へ釣りに行ってみてはいかがでしょうか。

T・CLUB/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード