TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

デイ&ナイトエギング!そしてメバリングも!

2019年 11月 16日 21時頃

皆さんこんにちは。今年も残り1ヶ月になりましたね。私はフィッンシンググローブを着けないタイプなので、冬は寒くて手が悴んで指の感覚がなくなりながら釣りをしています。そんな時期が、今年もやってきました。立冬も過ぎていよいよ冬本番です。

さて、今回は久しぶりに実家の大入島に帰省し、そこで釣りをしてきたことをご紹介したいと思います。とても久しぶりに帰ったので、いつも以上にたくさんのタックルを車に積み込みました。夜勤明けだったため、少し仮眠をとってから帰ります。釣り場に着いてまずは、メバルやカサゴを狙って通っていたポイントへ行きます。テトラや海藻、ストラクチャーが多いポイントなのですが、そのストラクチャー側を通すと、簡単にメバルが出て来てくれました。サイズは小さいものの、最初に釣れたということもあり、撮影してリリースします。さらに15cmくらいのカサゴやメバルに遊んでもらったところで、ご飯を食べに実家に戻ります。

しっかり腹ごしらえをしてから、今度はモイカ狙いでエギングをします。ここからはナイトゲームです。久しぶりと言うこともあり、島の現状が分かっていませんが、過去の釣果を思い出して「今なら、ここがいいんじゃないか?」というポイントへ行ってみます。このポイントは、正面にキャストすると、ボトムが砂地で、水深的には5〜6mくらいのシャローエリアです。左手側の水深やボトムの形状は一緒ですが、海藻がたくさん生い茂っています。

沖から接岸し、湾内の上記のようなポイントに入ってきた海藻に付いている活性の高い個体を狙って行きます。キャストした後でボトムを取り、そこからシャクってエギをフォールさせてます。もう一度シャクってフォールさせるのですが、普通にしていると藻に引っ掛けてしまうため、2回目以降は少し沈めたらボトムを取らずに再度シャクリを入れてフォールさせます。シャクった後は、フォール中が「食わせの間」なので、ボトムを取らずに中層を狙っていくイメージです。フォール時間は短くなりますが、この間は集中して、なおかつエギに変な動きなどさせないようナチュラルに落とすようにします。

今回はカーブフォールしていたのですが、「フッ」とテンションが抜けて「スーッ」とラインが走りました! イカ独特のアタリが出たので、フッキングします。すると、「グーン、グーン」と、これまたイカ独特の引きをします。これは思った以上に重量級です。上がって来たのは、500gを少し超えたモイカでした。やはりこのポイントにいましたね。自分の考えた通りの釣り方と、久々の島でのモイカに満足のいく1パイとなりました。

撮影をして再度狙っていきますが、後が続きません。潮止まりになったためでしょう。ここからはライトゲームで遊ぶことにします。遊ぶと言っても、メバルのサイズの良い個体を狙って、ポイントへ移動します。使用するリグは、1・5gのジグヘッドに2・2インチのワームを付けて狙います。開始ワンキャスト、良いコースに入りました。ゆっくりとリトリーブしてくると、すぐに答えが返ってきました! 良い引きをしています! 左右に走りドラグも出され、上がって来たのは24cmのメバルでした。長さも体高もあり、文句ない1匹です。

その後、数は釣れますがサイズが出ません。途中で仮眠をしようと車に戻ったのですが、少し寝るつもりが朝まで寝てしまいました。そこで、日が明けてからデイエギングをすることにしました。デイゲームでも1パイだけモイカが釣れましたよ。

久々の島での釣りに、とても癒されましたし、非常に楽しかったです。本来であれば釣る前に潮を見ないといけませんが、そこまで考えることもなく、どんな時間でも魚達が相手をしてくれる大入島。今は本土(佐伯)に出て釣りをしていますが、島での釣りは恵まれていたのだ! と、すごく感じています。久々のおかんのご飯も美味しかったです。

最後になりますが、近年、島での釣り人のマナーが悪く、今度釣り禁止にする堤防が出ます。今までどこでも釣りをして良かったのに、マナーが悪いためにこんな状況になってしまっています。ゴミを袋に入れて、そのまま置いて帰ったり、地区の人や漁師さんとケンカをしたり、堤防の灯りの電線を切ったりと、とてもマナーが悪く島民は困っています。島に関わらずですが、釣り人としてのマナーを考えて釣りへ行きましょう。私も島で釣り禁止場所が出るのは、とても悲しいです。今は禁止区域が2ヶ所ですが、状況によってはどんどん増やすと、地区のおじさんたちが言っていました。これ以上釣りができない場所を増やさないためにも、島に来る方々はマナーをしっかり守って釣りをしてください。お願いします。

戸河 光太・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード