TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

メバリングでメバル、ホゴ、アナハゼ

2020年 1月 11日 14時頃

皆さんこんにちは!しょごたんです!2020年一発目のコラムですよ!張り切っていきましょう!さて、今回フィーチャーする釣りは…「日中のライトゲーム」です!本格的に寒くなり、というか最近は寒すぎて、夜の釣りは避けたいのが本音です。ということで、普段は夜に狙う「アジ・メバル・ホゴ」といったターゲットを「日中に釣る」方法をご紹介します!この日中のライトゲーム…、何が最高かって、暖かい昼間に出来るのが最高ですよね!という事で、この記事を書いている本日、早速行って参りました!

ポイントに到着したのはお昼過ぎで、言わずもがなの暖かい時間帯です。狙う魚種としては「メバル・ホゴ」といったロックフィッシュ。使うルアーは主にジグヘッドリグ、メタルジグ、メタルバイブ等でいいでしょう。ただし!今回はメバル・ホゴが産卵明けのタイミングという事で、捕食時の吸い込みが弱いので、ミスを防ぐためにスピードの速いメタル系はパス。ジグヘッド主体で釣りを進めていきます!そして狙うシチュエーションとしては、壁際や船の影といったストラクチャー周りです!日中はこの様な障害物にタイトに魚が付いているために、非常にテクニカルな釣りが楽しめます!この障害物周りをジグヘッドリグで攻めるのですが、主にトゥイッチ&フォールで釣ります。なので、使用ジグヘッドはジャッカルの「キビキビダートジグヘッド/1g」。そして、「タイドビート1・5」を使用します!ルアーを素早くダートさせてリアクションで釣るこの釣りにはもってこいの組み合わせです!

さて、このセットで壁際や船の影を攻めて行くと…、メバル、ホゴ、アナハゼが連続ヒット!サイズは小振りですが、食う瞬間が見えて非常にエキサイティングです!この釣りをしていると時間があっというまに過ぎるんですよね〜。あ、そうそう、船の影を狙う際には船のロープなどにルアーが引っ掛からないようにしましょう!漁師さんがロープを持つ際にルアーのハリがあっては危険ですからね。引っ掛けてしまいそうと思ったら、無理してのキャストは控えましょう。

昼間のライトゲームを楽しでからは、一番のお楽しみタイムです。そう、夕まずめのメバルパターンです!15時ぐらいにポイントにエントリー。すると、良い感じに潮のヨレが目視出来ます!夕方になると、潮のヨレといった流れの変化にメバルが浮くんですよね!この様なメバルを狙う際には障害物周りを釣っていたフォールの釣り方では無く、表層をタダ巻きするだけのシンプルな狙い方が効果的です!そして、タダ巻きにはタダ巻きに適したジグヘッドリグのセッティングがあります!ジャッカルの「スイスイスイムジグヘッド」です。「キビキビダートジグヘッド」と違い、横方向の釣りに向いたジグヘッドです!セットするワームは同じく「タイドビート1・5」です!

満を持してルアーをキャストすると…、1投目から良型メバルが乱舞!なんと、1投1匹のスーパーラッシュです!この日のコツとしては、後ろからの風が吹いていたので、それを利用して竿を高く構えてラインをフケさせて、ゆっくりルアーを通してくるメソッドが効果的でした!…それにしてもですね、「タイドビート」…、釣れすぎです。日中に使うオススメカラーとしましては、クリア系、クリアラメ系、グリーン系を持っていれば間違いないでしょう!さあ、僕みたいに寒さに弱い方は、日中のライトゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか!

しょごたんでした!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード