TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大入島でチヌ釣りクリップシンカーで攻めの一手を増やす方法

2020年 3月 7日 14時頃

3月7日、中潮。コロナウィルスの影響で、各イベントが中止や延期など寂しい事になってますが、山には山桜が咲いて乗っ込みチヌのシーズン!この日は「まぐれ会」のメンバーと釣りがしたいと思い、佐伯市大入島にチヌを狙い行って来ました。

朝6時に「仁盛丸」で竹島に!今回のメンバーは桜組にも所属してるのんちゃん事松本望さんと前田タカシさんと三人です。まずはポイントと潮の流れ等を考えて、各自ポイント決めて入りました。私の場合、この時期はカケアガリと浅瀬との隣接で水温が上がりやすい場所を選択します。まずはチヌの活性を見たかったため、波止の切れ目辺りで竿出ししました。

仕掛けは、3月にキザクラより発売された新商品牛若&弁慶シリーズの「弁慶/00」をチョイスし、道糸の「黒魂PE/0・8号」に通し、潮受けは同じく同社の新商品「結び目マモル君M」にサルカン20号を結束。ハリスは「黒魂ハリス/2号」(大型チヌ対策)、ハリは「黒魂激掛チヌ/3号」と強気の仕掛けで挑みました。

活性が高いチヌが居るのかもと思い、ハリにネリエを付け竿4本先に仕掛けを投入。ハワせるイメージで仕掛けを置いた直後、まさかの1投目でラインを気持ち良く持って行くアタリ!竿の弾力を、使い上がって来たのは40cmほどの綺麗なチヌ!この後も満潮が潮止まるまでコンスタントに3枚のチヌをゲット!

隣の釣り座で竿出ししていたのんちゃんにも、いきなり穂先まで曲げる強烈なアタリ!
「キターーー!!」

そのヤリトリ見てると、竿の胴から曲がりドラグも出されるほど…。50cmはあるだろうシロモノ。数分の格闘の末、あと少しと言う所で足元に突っ込まれチモト切れ…。
「あ〜〜〜悔しい〜!!」

ハリスの号数を落として、ツケエをムキ身から沖アミに替えた直後のアタリだったそうです。前田さんはチヌ釣りを諦め、アジ釣りを楽しんでいる模様。

ところが、最後にドラマが待っていました。回収30分前にのんちゃんが「アタっているよ〜!」との一声。見るとラインをゆっくり持って行くアタリ!竿の弾力を使いゆっくりヤリトリをして、見事にタモ入れしたのは40cmのチヌ!喜ぶのも束の間、船は目の前で早めに待機していました!

まだ乗っ込みチヌの様子ですが、ここ大入島では、まだまだこれからといった状況です。個体によっては抱卵もしていませんでした。とはいえ、これからドンドン状況は良くなると思います。そんな乗っ込みチヌ狙いで、ぜひお試し頂きたいのが、キザクラより発売になった「クリップシンカー」です。実は私個人としては、「クロ釣りに最高のアイテム」だと思っています。

理由は、
①ガン玉のように鋭角的な角度をつけることなく、仕掛けを沈めることができる
②誘いを入れた時に、今までの仕掛けとは異なる動きを演出できる
以上の2点につきます。

「クリップシンカー」とは、ちょっとだけ重量を負荷したい時に便利なシンカーです。G9〜G7の重さを、カシメることなく追加できるので、非常に便利なアイテムなのですが、仕掛けの軌道も鋭角的にならず、緩やかなS字カーブを作り出せるのです。特に仕掛けをゆっくり落としたい大分県の磯では威力を発揮するアイテムとなること間違いありません。

また、「クリップシンカー」が作り出すS字カーブが、誘いを入れた時に、ルアーのアクションのような動きをツケエに与えることも特徴の一つです。ガン玉を使っているとどうしても誘いを入れてもガン玉だけが動いて、ツケエの動きが小さいといったこともありましたが、この「クリップシンカー」なら、穂先の操作がダイレクトにツケエまで届きます。また、「クリップシンカー」がガン玉とは異なりユラユラと動くため、独特の誘いアクションとなるのです。

今回はチヌ釣りだったため、中層でこの独特なアクションを演出することはしませんでしたが、代わりに、ベタ底に落とした仕掛けで、誘いを入れる時にこのアクションを利用してチヌを食わせることに成功しました。フカセ釣りにもっと攻る方法を増やしてくれるのがこの「クリップシンカー」です。ぜひ一度お試しいただければ、このアイテムの面白さが伝わると思います。

キザクラフィールドモニター/吉田敏光・記
今回はチヌ釣りだったため、中層でこの独特なアクションを演出することはしませんでしたが、代わりに、ベタ底に落とした仕掛けで、誘いを入れる時にこのアクションを利用してチヌを食わせることに成功しました。フカセ釣りにもっと攻る方法を増やしてくれるのがこの「クリップシンカー」です。ぜひ一度お試しいただければ、このアイテムの面白さが伝わると思います。

キザクラフィールドモニター/吉田敏光・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード