TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

三隈川でアユ解禁

2020年 5月 24日 0時頃

5月23、24日、晴れ。5月20日解禁となった三隈川。今年は渇水の状態が続いていたが、解禁前に低気圧が通過し、解禁日は増水となった。その水が落ち着いた週末、ようやく日田に足を運ぶことができた小林さんから、「まずまずの滑り出しだったよ」と情報が…。2日に渡って、天ヶ瀬川と大山川で竿出しした状況を伺った。

編集部(以下:編)=天ヶ瀬川の状況はどうでしたか?

小林さん(以下:小)=増水から平水に戻った状態で、非常にタイミングが良かったです。例年であれば県外者のアユ愛好家も多いのですが、今年はコロナの影響で、まだ県外者も見られず、それほど場荒れしていない印象です。釣りやすい解禁となっていると思います。

編=アユの活性はいかがでした?

小=こちらも例年通りといった印象です。情報では、昨年よりも放流量が少なめとの話を聞いていましたが、釣り人が少ない分、アユが多いように感じます。瀬の中へ囮を送り込めば、20cmクラスのアユも掛かりますしね。また、まだ縄張りを持っていない群れアユもあちらこちらで見られます。こちらは15〜18cmと少々小振りです。なにはともあれ、無事に解禁日を迎えられたことが嬉しいです。

編=ハミ跡などはどうでした?

小=こちらもまだ始まったばかりなので、なんとも言えませんが、解禁当初の様子としては例年通り。ここはと思う石には、多くのハミ跡が見られ、そこへ囮を誘導すれば、やはりアタリが出ます。アタリが出たポイントをしばらく休ませると、また次のアユが入ってくるといった循環もあり、解禁当初としては本当にアユ釣りを楽しむことができました。

編=一方、大山川の方は如何でしたか?

小=大山川は24日に竿出ししたのですが、こちらも天ヶ瀬に劣らず、いい状態でアユ釣りを楽しむことができました。若干サイズは大山の方が大きかったかも知れませんが、まだ解禁して間もないので、そこまで釣れるサイズは変わりないといった印象ですね。私が入ったポイントでは、最大で20cm強のアユがヒットしましがた、噂では23cmクラスのアユが出たとの話もあります。大山川であれば、それが出てもおかしくはないと思います。ただ、これも例年の通りですが、そろそろ田植えの時期とあり、川に濁りが入っています。これが石の苔を多い、雨が降ってきれいになりを繰り返すので、タイミングを見計らって入川できればいいのですが…。

編=貴重な情報ありがとうございます!

日田市中心部の三隈川も、今年は県外者が少ない分、思ったポイントに入るチャンスが増えているとのこと。今年のアユはそういった意味では、個体が残り終盤にかけて盛り上がっていきそうだと推測する。合わせて、6月の解禁が待ち遠しい!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード