TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

しょごたんのルアーフィッシング アジングのススメ

2020年 9月 20日 20時頃

こんにちは! しょごたんです!最近は少しずつ暑さも和らいできて、秋の気配がして来ましたね! 特に夜は、もうかなり涼しくて過ごしやすい! って事は…? アジでしょ! アジングでしょう!

という事で、台風通過後に海がどう変わったかを調査してまいりました。すると、台風前までは夏の高水温って感じで生命感が少なかったポイントに良型のアジの群れが!短時間ながら太いアジが釣れてくれて「こりゃ楽しいぞ」と! これから、どんどん水中は秋めいてきます! 釣りを始めてみようと思ってる方は、今からがオススメの季節! そして、オススメの釣りが「アジング」です! 道具もシンプルに揃えれるし、何よりアタリが多い釣りなのでオススメなんです!という事で、アジング入門について語らいたいと思います。

まず、揃えれる道具についてですね。ロッドに関しては、最初は安価なもので良いので、6ft前半のロッドが良いですね。個人的にはジャッカルのBRS・S 64 ULLGがオススメです。よく曲がってくれて楽しい竿なのでお気に入りの竿です。そして、次はリールです。おススメは1 0 0 0 番台、もしくは2000番台の小型リールがおススメですね! 安価なとこで言えば、10000円台のリールでも充分使えます!

そして、リールに巻くライン! これは近年の流行りで言えば、エステルラインと呼ばれる種類のライン、もしくはPEラインを用いるのが主流です。個人的には「エステルライン」がオススメですね。慣れるのに少しかかるかもしれませんが、慣れてしまえば1番釣れるラインだと断言できます。

次はジグヘッドと使うワーム。アジングは様々な仕掛けがありますがまずはジグヘッド単体での釣りから始めるのが良いでしょう。使うジグヘッドの重さは1 gをベースに、0・8 〜1・3 g を風の強さなどで使い分けてみて下さい。ワームに関してのオススメは、ジャッカルの「タイドビート」です。このワームはテールが勝手に細かくプルプル動いてくれるので、投げて放っておけば勝手に食ってくれます(笑)。そして、1番肝心の釣り方ですね。

アジは表層〜底まで様々な水深にいるので、まずはどの層にいるかを調べます。やり方は、投げてからカウントダウンをします。まず、表層から釣りを始めていき、次のキャストから5カウントずつタナを深くして、アジが食ってくるカウントを探ります。そして、誘い方はチョンチョンと優しく竿先を動かしてからラインを張って待つ。これだけのシンプルな釣りです! アタリを感じたら、ラインを張る程度にピシッと掛けて下さい! こんな感じのシンプルな釣り方でアジって釣れるんです。これから旬のアジング、ぜひ挑戦してみて下さい!

しょごたんでした!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード