TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

台風一過からのライトゲーム!

2020年 9月 17日 15時頃

皆さんこんにちは。朝晩は肌寒くなってきましたね。窓を開けて寝ると、朝方には寒さで目が覚めたりなどしています。9月に入ってすぐ、台風10号が来ました。ニュースでは、「過去最高」、「今までにない」などと伝えられて、こちらも身構えました。窓にテープを貼って対策したり、水やインスタント食品を買って備えたりしていましたが、自分の周りは特に大きな被害もなく、安心しています。今年は、台風少ない感じがしていたので、これから「次々に来ないと良いな」と思っています。

さて、今月はこれから良くなってくる釣り物の紹介です。それは、アジやメバル を狙ったライトゲームです。自分は、ライトゲームを得意としているので、先日行った釣行を紹介します。

とある漁港に向かいます。初めて入った場所なのですが、堤防の先端にエントリーします。状況的には、沖からの流れが湾内に入ってきており、表層ではライズがあったりしています。風はそんなになく、水深的には5〜8mといったところでしょうか。

まずは、ライズしている付近をジグヘッド単体(オモリが付いたハリにワームをセッティングしたもの)で狙っていきます。キャストして、着水後すぐリトリーブを開始します。するとすぐ、ショートバイトが出ました! アタリはあるものの乗らないので、しばらくアタリを無視してリトリーブを続けると「コツン」と、ちょっと大きなアタリが出たのでフッキングします。

すると、すぐエラ洗いをしました。この行動から掛かったのはセイゴだと分かり、ラインブレイクしないよう慎重にヤリトリします。目測40cm無いくらいですが、ライトタックルなので、左右に走ったりエラ洗いの引きが心地良く楽しめます。サイズは「デカイ」という感じではありませんが、久しぶりのセイゴを食べたくなったので、絞めて血抜きをします。

そしてまた、キャストして狙っていきます。表層付近はセイゴばかりだと考えて、レンジを少し下げて狙ってみることにしました。先程は、着水後すぐ誘いましたが、今度は10カウントして誘っていきます。「チョンチョン」っと竿先を2〜3cm幅でトゥイッチを入れ、ラインテンションを張らず緩めずでフォールしていきます。

「コツッ」とアタリが出たので、即フッキングします。ドラグが「ジィー」っと出るほど突っ込んだり、左右に走ったりして引きます。この引きがたまらないんですよね。アジの魚影が見えました。アジの口は柔らかく身切れしやすいため、口を切らないようにするためにも即フッキングをして、上顎の硬いところにかけるのがポイントとなります。こうしてバタバタっと5匹ほど釣れたところで、パタっとアタリが無くなりました。釣っていたセイゴを新鮮なうちに食べたいので、納竿して帰ることにしました。

家で釣ったセイゴを3枚におろし、塩をふって下処理します。さらに塩こしょうをふり、小麦粉を軽くつけます。フライパンにバターを溶かして焼き、クレイジーソルトで味付けをして焼けたらお皿に移します。お好みでバジルなどをふって完成です。できたものが写真のムニエルです。簡単だけど、非常に美味しいですよ。釣ってすぐに新鮮な魚が食べられるというのが、釣り人の特権ですね。酒もご飯もすすみます。皆さんもぜひ、お試しあれ!

戸河 光太・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード