TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋磯シーズン到来!ドウセンバエのクロ釣り!

2020年 10月 10日 16時頃

10月10日、小潮。ついに秋磯シーズン到来です。週末になると、身体からアドレナリンが湧いてきます(笑)。今回の釣行は、いつもお世話になっている「政進丸」で米水津に足を運んできました。夜明けとともに出船し上がったフィールドは「ドウセンバエ」です。ここドウセンバエは、湾内の奥に入った場所に位置し、比較的マニアックが選ぶポイントです。ゼンゴが多くて釣りにならないケースもありますが、意外と大型のクロが釣れることもあり、近年では人気のあるフィールドです。

今回の同行人はフカセ釣りに情熱を燃やす若手のホープ・陸君と2人で釣行しました。準備したマキエは、沖アミ生3角に、配合エサはマルキユーの集魚剤「グレパワーV9スペシャル」と「グレパワーVSP」、「超遠投グレ」の3種類をまんべんなく混ぜ込みました。拡散と遠投をベースにクロを浮かせるイメージです。ツケエは同社の加工オキアミ「グレ丸」と「くわせオキアミスーパーハード/M」の2種類を準備しました。

仕掛けですが、竿はがまかつ「インテッサGⅤ/1・0号/5m」に道糸1・5号、ハリスはサンライン「ブラックストリーム/1・5号」を使用しました。ウキは釣研「エイジア/0α」を選定。ハリはがまかつから発売された、最近お気に入りの「セレクトグレ/5号」をセットしました。

フカセ釣りの前に、まずはモイカ釣りにチャレンジです。しかしエギを振り続ける事1時間が経過しますが…、何も反応が無いため断念します。そんな中、クロ釣りに没頭する陸君は予想通りのゼンゴの群れに苦戦しながら小型のクロを拾っています。さっそく私もフカセ釣りスタートです。足元にマキエを打つと、目視できるエサ盗りは、ゼンゴ、カワハギ、キタマクラ、ブダイ、イズスミ、スズメダイなどです。私の経験上、エサ盗りが居ればクロも釣れると思っているので、これはこれで逆に安心します。

今日一番の課題は、どうやってゼンゴを避わすかとなります。マキエをどこに打ってゼンゴをどこで足止めするかを考えながら、マキエを打ちます。しかし足元・沖、どこに打ってもゼンゴの活性が高くて歯が立ちません。そこで沖35m以上先にマキエを大量に打って、10秒後に同じ場所にマキエを10パイ打ち、本命用のマキエを足元に1パイだけ打ちます。そこにツケエを投入します。ゼンゴの数は少ないものの、足元の1パイのマキエにもゼンゴが群がり苦戦します。

ただ、その時にウキに反応があったのですかさずアワセを入れます。するとスズメダイが釣れました。何とかゼンゴは避わせたものの、その他のエサ盗りとの分離が難しく、さらに作戦を考えます。ゼンゴは沖に寄せ、足元の2m範囲内でエサ盗りと本命を分離する方法でマキエを打ちます。さらに大切なのは、沖に寄せたゼンゴを足止めするためには足元にマキエを打った後、35m沖の潮上にマキエを追加で10パイ程打つことです。その方法で再度チャレンジです。

目視で確認できる範囲では、ゼンゴの分離とその他のエサ盗りの分離が上手くいき、2ヒロのタナで仕掛けが良い感じに馴染みむと、ウキが一気に海中に吸い込まれたのでアワセを入れます。予想は的中し、35cmのクロがヒットしてくれました。その後も同パターンで20〜35cmまでのクロを10枚程キープできました。

隣の陸君もゼンゴに悩まされながらもエサ盗りを分離し、見事35cm前後の良型グロをポツポツと拾っています。正午を過ぎた頃、魚の反応が悪くなり少し休憩します。2人でクロ釣りについて語り合い、陸君のクロ釣りに対する情熱に圧倒され、私も20代の頃を思い出すような気持ちになりました。若くしてそこまで考えて釣りをしているので、将来期待できる人材だと感じました。

さて、納竿2時間前となり、釣りを再開します。潮も午前中とは変わり、沖に払い出す良い潮が流れています。エサ盗りは相変わらずゼンゴが邪魔をします。しかし、圧倒的にゼンゴの数が減り、あまり気にならない程度で分離が可能になりました。本命の良い潮には5投に1投程度しか狙わない方法で、1投1投確実なコントロールでクロを狙います。その作戦がうまくいき、納竿まで30〜38cmまでのクロを5枚程追加することができました。

ここ「ドウセンバエ」はエサ盗りが多く難しい反面、しっかり分離することが出来れば答えは返ってきます。どんな場面でも自分の最高のパフォーマンスが出来るかが重要なので、あえて苦戦するフィールドを選んで釣りをするのも、上達する方法の一つだと思います。

今日は天気にも恵まれ、暑くも寒くもない最高な一日となりました。これから冬に向けて水温が20℃を下回ると、ますますクロの活性が上がり、本格シーズンが始まります。皆さんもハイシーズンに向けて、秋磯に足を運んでみてください。素敵な出会いが待っていると思いますよ。

釣研FG大分県支部/GFG大分/MFG九州・城本透・記
今日は天気にも恵まれ、暑くも寒くもない最高な一日となりました。これから冬に向けて水温が20℃を下回ると、ますますクロの活性が上がり、本格シーズンが始まります。皆さんもハイシーズンに向けて、秋磯に足を運んでみてください。素敵な出会いが待っていると思いますよ。

釣研FG大分県支部/GFG大分/MFG九州・城本透・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード