TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津でクロ釣り

2020年 11月 15日 14時頃

11月15日、大潮。同級生の野村君と合流し、向かった先は佐伯市米水津。道中は釣りの話で盛り上がり、あっという間に港に到着です。先日からのウネリが残っているようで、停泊している「政進丸」を見ると、ユラユラと揺れています。6時に一斉出港し、各磯へ渡して行きますが、沖はかなりのウネリ。

私達は安全を考慮し、「マサカリ」の奥にある磯へ上磯しました。ここはウネリもなくベタ凪。裏側にはシモリがあり、いかにもイカが釣れそうなポイントに気持ちが高ぶります♪早々に二人でエギング。イカは居たら1投目から釣れるという、私の変な固定概念。しかし、何投しても釣れません。そんな中、野村君にヒット!しかし、型が小さかったようで優しくリリース。その後は300g級のモイカを2ハイ釣っており、私はノーバイトのまま。観察すると野村君との違いはエギのサイズでした。

私は3・5号、野村君は2・5号を使用していました。この時期のモイカは小振りなため、小さいエギが良いとのことでした。私は小さいエギを持っていなかったので、野村君のタックルを貸してもらいました。チェイスはあるものの、結果はボーズ。エギではなく腕のようです…。辺りが明るくなったためイカ釣りを諦め、フカセ釣りの準備をします。

仕掛けは道糸、ハリス共に1・5号をセットし、ハリはがまかつの「掛かりすぎ口太/4号」をチョイス。マキエは沖アミ生3角にマルキユーの「グレパワーV9スペシャル」と「超遠投グレ」、それにNEWリリースされた「アミパワーグレスペシャル」をチョイス。「アミパワーグレスペシャル」は、アミエビとオキアミ粉末の配合により、クロの食い気を促進させてくれます。私的には遠投系の集魚剤と混ぜるとより使いやすくなります。

まず足元にマキエを打ち魚の様子を見ます。ハコフグやキタマクラが悠々と泳いでいる中、カワハギを発見!先程のエギを取り外し、エギングロッドにカワハギ仕掛けを取り付けます。こんなこともあろうかと、マルキユーの「くわせ生アサリ」を持って来ていました。早速仕掛けを投入してみると、アサリを追いかけて行くカワハギ。仕掛けを止めてみると、すぐにアタリがあります。カワハギは居たらアサリに飛び付くという私の固定概念がヒット!ゆっくりと抜き上げると、25cm程の良型です♪抜き上げたカワハギを掴みに行くと、ハリが外れ海に帰っていきました…。

その後はカワハギの姿がなくなったので、朝ごはんを食べていると、クロの魚影を発見。野村君に伝えると、すぐにヒット!元気いっぱいに上がって来たのは、38cmの口太でした。朝ごはんを食べ終え、私も狙ってみますが、時合いは短かったようで、クロの姿が見えなくなっていました。

そこからはツケエが残る状況が続いていましたが、沈黙を破ったのは野村君。竿が大きく曲がり、勢いよく沖に走る魚。「青物か?」と二人で話ながらゆっくりと上がって来たのは、55cm級の良型マダイでした。マダイは1枚釣れると、もう1枚釣れることがあるため、同じように狙ってみます。釣研「エイジアマスターピース/01」のウキにG4のガン玉をセットして遠投。大きめのツケエでマダイを誘います。すると1本半程のタナで道糸が弾け飛びます!よく走り回り上がって来たのは、45cm級の綺麗なマダイでした。

その後、見廻りに来てくれた「政進丸」に乗り、瀬替わりです。次のフィールドは地の黒島の「ウエノハナ」です。残り時間も少ないため、早々にエギをキャスト。反応が無いのでカワハギを狙ってみますが、こちらもアタリがありません。次はフカセです。サラシの切れ目から25m沖を数投狙いますが、アタリがないままツケエを盗られています。サラシのない場所にエサを撒くとエサ取りがたくさん見えます。このエサ盗りがサラシによって沖に払いだされたマキエに集まっているようです。

沖にエサ盗り用のマキエを打ち、足元のサラシの中を狙ってみます。ウキは投入と同時に沈んでいくため、テンションをかけながらゆっくりと落としていくと、竿先を押さえ込む気持ちのいいアタリ!波で前に出れないため、瀬ズレに注意しながら取り込んだのは、33cmの口太でした。同様のパターンで狙うと、すぐにアタリがあります。先程より重量感ある引きに耐え、姿を見せてくれたのは40cm近いクロ。しかし、最後の突っ込みでまさかのハリ外れ。取り込みは出来ませんでしたが、クロを食わせるまでの過程の楽しさを改めて実感できました。

締めに、ルアーを振っていた野村君にアカハタが釣れ、楽しい一日を終えることが出来ました。秋も深まりそろそろ冬の寒グロシーズン到来間近。皆さんも色々な魚を狙って、磯釣りを満喫されてみてはいかがでしょうか。

GFG大分/釣研FG大分県支部/MFG九州/日野志洋・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード