TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

船で大型アジ狙い

2010年 6月 3日 13時頃

船釣り専門船「ニュー飛鳥」は、乗っ込み大型アジ狙いへ。水深60mのポイントに船を停め、アジ狙いを開始!潮の流れがゆるく、海面へ垂直に糸が垂れている。カゴが着底すると、糸が若干流れる。底潮は、流れているようだ…。糸フケを取り、大きく竿を煽ってマキエをバラ撒くと、すぐに穂先をゴンゴンと揺らす魚の手応えが伝わった! 狙い通りに、45㎝級アジがヒットした。すぐにアジがヒットしたが、周囲ではまだ、アジのアタリがない。マキエに集まったアジでなく、たまたま通りかかった回遊なのであろう。一際目立つ仕掛けハヤブサ新商品の「一押しサビキ関アジ関サバツイストスキン/ケイムラレインボー」に、一目散に食い付いたのかもしれない…。立て続けにアジを連発すると、ようやく周囲でもアジのアタリが活発化した。アジの群れが、マキエに着いたようだ。

潮止まり前の入れ食いタイムで、激しくアジが釣れ続ける。すぐにクーラーの底が埋まる程のアジを釣った頃に丁度潮止まりになり、それを合図にアジのアタリが止まってしまった。潮止まりの食い止まりは仕方がない。早朝の好釣果で気持ちに余裕があったので、潮止まりをのんびりとやり過ごす。

しばらくして再び潮が動き始めると、今度はアジの気配があるが、なかなかハリに掛からない。そこで、釣り方を一工夫することにしてみた。これまではマキエの帯の中で、サビキが大きく漂うように誘っていたが、今度はその中でのサビキの動きの幅を小さくすることに。カゴが着底してからの誘いは、穂先を細かく揺らす程度にし、カゴが底から離れない様にしてみる。すると、そのパターンがアジにマッチしたようで、再びアジのアタリが活発化した。アジ釣りはサビキのチョイスと同様に、マキエの帯の中でのサビキの動かし方の選択が釣果を左右するので、みなさんも食いが渋り出したら、誘いのパターンを色々と試されてはいかがでしょうか?

結局この日は,全員がクーラーいっぱいの大型アジをお土産にすることができた。

さて最後に、ハヤブサ新商品サビキ「一押しサビキ関アジ関サバツイストスキン/ケイムラレインボー」は、アジへのアピールが高く、状況に応じた、サビキのローテーションの一角を占めることになりそうです。今度は水深が80m以上の深場で試してみたいと思っています。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード