TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

波止はネンブツダイでいっぱい?!

2010年 8月 25日 20時頃

8月25日、大潮。先日、四浦にケンサキイカ釣りに行ったんですが、イカは全く釣れず…。代わりと言っては何ですが、外灯のある波止で足元にカマスの群れやゼンゴ、小さいですがメバルと、海中がとても賑やかだったのを目撃はできました。次回は、そのためのタックルを準備して来ようと決めていたポイント「深良津港」へ。

少し風が強いですが、足元には同じ様に魚がたくさん見えます。今回、一緒にきてくれた足立さん・エミちゃんはゼンゴや、やはり小さいですがメバルで竿が曲がっています。そして、驚いたのがネンブツダイの多さです。私が以前来た時にゼンゴだと思っていたのは、全てネンブツダイ! それも、ジグヘッドリグで釣れてしまいます…。波止際は百発百中なので、沖目にキャストしてみますが、それでも釣れてしまうほどの多さなのです。

違う魚のアタリが恋しくなり、ポイント移動することにしました。戻って、津久見の網代港です。…が、足元に嫌な予感のする魚影( 笑)。いつものパターンで狙っても一向に釣れず、やっぱりココにもいました! ネンブツダイが!しかも良型〜…。時間も遅くなって来たので、今日はここまで!

8月26日、大潮。私はあまり竿が曲がらなかったため、エミちゃんに無理を言って、翌日リベンジに付き合ってもらうことにしました。佐伯港周辺では、ナイスアジに! キビレ! ホゴや、ドラグジージーの大物のバラシまで! 昨日の鬱憤を晴らすかのような釣果に大満足! … したのはエミちゃんだけでした(笑)。私は豆アジ3匹と、またしても淋しい釣果に(涙)。

ラストは土砂降りの雨で締めくくり。いつもなら天候の崩れにもガックシですが、久しぶりの恵みの雨です。貧果でしたが、雨に感謝しつつ(アジをくれたエミちゃんにも感謝しつつ)竿をたたんで早めに帰路についたのでした。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード