TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見秋磯の気配!

2010年 10月 16日 15時頃

10月16日、小潮。今回は久し振りの鶴見へ行ってみました♪ チーム鬼掛の杉原さんに強引に誘われてOKの返事をしたものの、当の本人は前日に飲み会のため早く出ることができません…。朝の7時半のナイター回収の便で、今年初となる「てる丸25」の船長に、やや遅い年始の挨拶をして大島へ向かいました。

最初の「赤岩」で、入れ替わりに上がることにしました。ナイターのお客さんに聞くと、「イサキは良く釣れているよ!」とのこと(喜)。まずはクロ狙いで駄目ならイサキにチェンジと欲張りな考えで、仕掛けを組みました(笑)。集魚剤は、マルキュー「グレパワーV9SP」。ツケエはマルキュー「シャキ生/M」を選び、釣り開始です。

マキエを打って潮と魚の動きを見ると、潮は緩やかに右へ流れています。魚の状態を見ると手前はスズメダイ、キタマクラ、ハコフグ、手の平クラスのクロの運動会…(焦)。魚の活性は悪く無いとポジティブシンキングで、手前にマキエを多めに打ち、沖の潮に流すとすぐにヒット! 手の平サイズのクロでした…。海にお帰り頂き、杉原さんを見ると、やはり同サイズのクロが釣れています。何度か打ち返しますが、なかなかサイズアップしません(困)。更に沖を狙いピンポイントにマキエを入れて反応を見ます。すると、今までより強い引き!何とか30㎝のクロが顔を見せてくれて一安心(安堵)。杉原さんも同サイズを仕留めて一言、「ん〜サイズ上げたい!」。同様にツケエのローテーションをしながら何とか25㎝以上のクロがポツポツと上がります。

しばらくして杉原さんが、「イサキを釣りたいですね」と、耳元に悪魔の囁き。この言葉に心が折れてイサキ狙いに変更。ハリをハヤブサ鬼掛「広層グレ/5号早掛」に替えて仕掛けを深く入れて行くと、道糸を弾くアタリ! 今日釣れたどの魚よりも元気な抵抗を見せて上がって来たのは、37㎝のイサキでした(喜)。これを見て杉原さんがヒートアップ! 見事ゲットしたのは、39㎝のイサキでした。2匹、3匹と釣れるうちに段々億劫になり、4匹目のイサキをブリ上げようとしたら口が切れてオートリリース(泣)。そしてお約束の沈黙となりました…。結局、クロ狙いに戻しましたが、最大32㎝までしか釣れません。夕まずめに期待を寄せますが、杉原さんが用事があるため泣く泣く15時に納竿しました。

最近は朝夕に40㎝超えもアタって来ているらしく、鶴見も秋磯開幕みたいです♪(撮影後は最低限のキープをしてリリースしました)。TEAM鬼掛/MFG九州/村中浩司・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード